(旧『仮設住宅の日々』)東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県名取市。復興までの軌跡を被災した架空の一家『福幸(ふっこう)』さんちの生活とともに綴ります。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    こんにちは希望です

    美田園北集会所の落成式と、その後のイベントの様子についてお伝えします

    02 美田園北シリーズ
                                       (美田園北集会所)

    2016年11月13日(日)に美田園北集会所の落成式があり、
    たくさんの住民さんが参加されました。

    03 美田園北シリーズ
                                       (落成式の様子)

    落成式が終わると、防災鍋を使って芋煮が作られ…

    04 美田園北シリーズ

    住民さん同士が交流を深める様子が見られました

    05 美田園北シリーズ






    11月20日(日)には、富山県砺波市からいただいたチューリップの球根を
    住民さんが美田園北集会所の花壇に植えました。

    07 美田園北シリーズ

    今年の5月頃に花を咲かせるそうですよ





    12月12日(月)にはベガルタ仙台さんとバイタルケアさんによる体操教室が
    開催され、20名を超える住民さんの参加がありました

    08 美田園北シリーズ



    2月にはサポートセンターどっと.なとりによる移動サロンとして、

    13日11時からはプロの音楽家2人による演奏会が予定されているほか、

    22日10時からはクノンボール体操が予定されております。


    また、保健センター主催で、

    20日  10:00~13:00 男性料理教室、
         10:00~11:30 まちの保健室(健康相談)、
    27日  10:00~13:00 女性料理教室

    が実施されます。

    2月中旬に美田園北集会所にポスターが掲示される予定とのこと
    なので、ご確認ください。



    3月以降も様々なイベントが開催される予定です

    お時間の都合がつく方は是非参加されてみてはいかがでしょうか


    [2017/01/26 17:16] | 未分類
    トラックバック:(0) |
    こんにちは、絆です
    12月10日(土)に下増田公民館で行われた「名取げんきっ子」に参加してきました!


    今回は「名取げんきっ子商店街」と称した架空の商店街で、いろんなお店屋さんに扮して職業体験をやってきたよ

    午前中はそれぞれのお店で商品作りをしてお給料を稼いで、午後はそのお給料を使ってお買い物が出来るんだって!


    職業体験ができたお店は4つ
    「アクセサリー屋さん」、「おもちゃ屋さん」、「写真屋さん」に「喫茶店」!


    アクセサリー屋さんとおもちゃ屋さんでは、それぞれブレスレットやゴムてっぽうなどの商品作り!

    DSC_0416.jpg



    写真屋さんはカメラマンになりきって写真撮影!

    DSC_0447.jpg



    喫茶店では、かわいいカップケーキ作りや飲み物を用意したよ

    DSC_0444.jpg



    この間、保護者の皆さんは宮城県食育コーディネーターさんによる「食の見直し料理教室」に参加していました!
    おにぎらずに天然おだしのお味噌汁、そしてデザートには米粉のプリン
    栄養満点で簡単に作れるレシピを学んでいたよ

    芋煮⑥




    午後には、商品作りで貰ったお給料を使っての買い物タイム!
    僕もみんなが作った商品を、お給料が許す限りたくさん買っちゃった

    DSC_0547.jpg




    今回の「名取げんきっ子」でとても良かったと感じたことは、地域の人たちがお店の店長として参加して商品作りを教えていたこと!
    普段はなかなか接点の無い人と「名取げんきっ子」を通して地域や世代間の交流が自然と図れてすごく充実した時間だったな~
    そして、楽しく遊びながら働くことやお金の大切さを学べたのもいい経験でした!来年もまたぜひ参加したいな




    今年度、3回開催された「名取げんきっ子」もこれで今年度は終了なんだって

    どの回もたくさんの方々が参加していて大盛況でした
    どれもいい思い出だな~

    来年度も楽しいイベントが盛りだくさんみたいだから、みんなぜひ参加してね~

    DSC_0568.jpg


    [2016/12/27 13:26] | 未分類
    トラックバック:(0) |
    こんにちは進です

    復興が進む閖上地区に取材に行ってまいりました。


    ①閖上地区第1期(その2・その3)戸建復興公営住宅の完成見学会
                           (10月25日(火)、26日(水))

    01 閖上

    閖上地区では、今年6月に第1期の戸建復興公営住宅25戸が完成し、入居者が
    新たな住まいでの生活を開始しております。
    10月には新たに52戸が完成し、市が名取市復興公営住宅建設協議会の
    協力を得て、完成見学会を開催しました。

    02 閖上

    完成見学会では、一般見学者や入居予定の方々が住宅の間取りや
    設備について確認し、熱心に質問されていました。

    03 閖上

    戸建復興公営住宅は平屋建て1LDK、2LDKのA・Bタイプ、
    2階建て2LDK、3LDKの全5タイプが整備されているそうです。

    外観に変化を持たせるため、1戸1戸でドアデザインを変えるなどの
    工夫がされているほか、全ての住宅で玄関までスロープが設けられるなど、
    高齢の方や障がいのある方への配慮がされているとのことです。





    ②閖上地区第1期(その2・その3)戸建復興公営住宅の鍵引渡し式
                                 (10月28日(金))

    04 閖上

    完成見学会の2日後、名取市文化会館小ホールにて、市から入居者への
    鍵引渡し式が執り行われました。

    05 閖上





    ③閖上地区工事現場見学会
             (10月29日(土))


    06 閖上


    10月29日(土)には、仮設住宅入居者や一般の方々を対象として、閖上の
    防災集団移転地区、集合・戸建復興公営住宅、閖上小中一貫校の
    工事現場見学会が開催されました。

    07 閖上
                                   (建設中の集合復興公営住宅)

    08 閖上
                               (戸建復興公営住宅での説明の様子)


    工事現場見学会の前日には戸建復興公営住宅の入居者に鍵の引渡しが
    行われていたこともあり、仮設住宅から新たな住まいへの引越し作業に
    いそしむ方の姿も見られました。





    ④「震災復興支援バス」運行開始
              (11月1日(火))

    09 閖上

    11月1日(火)より、市は閖上地区住民の買い物や通院のための交通手段
    を確保するため、「震災復興支援バス」の運行を開始しました。
    (「震災復興支援バス」の詳細についてはこちら

    10 閖上

    閖上地区と美田園地区を往復する「震災復興支援バス」は、28人乗りの
    マイクロバスで、1日5便、運賃は無料で運行されるとのことです。

    11 閖上





    ⑤「震災復興事業マップ」について

    最後に。。。

    閖上地区の復興の様子は、市が作成した「震災復興事業マップ」にて、
    詳細を確認することができます。

    ご興味のある方はご覧ください。

    (「震災復興事業マップ」はこちら



    [2016/11/25 17:14] | 復興
    トラックバック:(0) |

    こんにちは進です

    10月23日(日)に閖上公民館仮設事務所で開催された
    「閖上地区災害時炊き出し訓練」に行ってきました。

    01 防災芋煮

     
    この炊き出し訓練は、閖上の地域コミュニティの再生を目的として、
    今年夏に地域住民有志により結成された「閖上の絆実行委員会」が
    第2回目の地域交流イベントとして開催したものです。

     (閖上の絆実行委員会の第1回目イベントの様子はこちら





    今回の主役となるのはこちら…


    02 防災芋煮


    防災鍋です


    この防災鍋を使って、発災時にスムーズに炊き出しが出来るよう訓練
    するとともに、住民同士の顔の見える関係をつくることにより、災害への
    対応力を高めることが今回の目的だそうです。

    まずは、閖上の絆実行委員会会長の今野義正さんから挨拶です。


    IMG_2478.jpg

    「ハード整備は着々と進んでいるが、ソフト面の充実がこれからは重要だ。
    閖上の絆実行委員会が実施するイベントをとおして、住民同士の絆を
    強めてほしい」

    と挨拶されました。




    次は、市職員からの防災講和です。


    IMG_2487.jpg

    「防災に対する意識は、発災から3~4年後がもっとも高いとされるが、
    その後は時間の経過とともに薄れ、10年もすれば発災前の意識レベルに
    戻ってしまうといわれている。こうした集まりを定期的に開催することは、
    防災意識が高まるとともに、地域の交流が深まることで災害への対応力向上
    につながる」

    とお話しされました。





    平成7年に起こった阪神・淡路大震災では、地震によって倒壊した
    建物から救出され生き延びることができた人の約8割が、家族や
    近所の住民等により救出され
    、消防、警察や自衛隊によって
    救出された人は約2割だったと聞いたことがあります。

    大規模かつ広域に及ぶ災害では、行政機能が麻痺することもあり、
    そうした状況を前提に、自助・共助による災害対応の強化を図るべきと
    いわれるようになったそうです。

    お二人のお話を聞き、改めて、日々の生活のためにも、防災のためにも、
    地域のつながりを強めることが非常に重要だと感じました。



    …と、しばらく考えごとをしていると。。。



    むむっ



    いい匂いがしてきましたぞ



    実りの秋を感じさせる、この甘く、かぐわしい香りは…





    05 防災芋煮


    やはり


    炊き立ての新米ですな



    館腰地区有志のみなさまにより、炊き立てのご飯はテキパキと
    とりわけられていきました。



    そして、気になる防災鍋を使った芋煮はというと。。。

    03 防災芋煮


    もう、素敵です


    閖上婦人防火クラブの奥様方の愛情がたくさん注がれたアツアツの芋煮は。。。


    06 防災芋煮


    きれいに整列し。。。


    07 防災芋煮


    来場者に手渡され。。。


    08 防災芋煮


    このとおり!

    みんなを笑顔にしてくれました


    09 防災芋煮


    帰り際、閖上の絆実行委員会事務局の方とお話しさせていただきました。

    「地域のつながりが深まる素敵な催しでしたね」

    と私が言うと、


    「今回の炊き出し訓練は、準備の手順や芋煮の分量など、反省点や
    見直すべき点がたくさんある。だからこそ来年に向けて皆で話し合い、
    反省点を改善しようとする試みの中で、より地域のつながりは深まっていく。
    初回で完璧に成功したイベントは、皆が満足してしまって終わり。
    だからイベントは、反省点がある方がいいんです。」


    と、事務局の方はおっしゃいました。



    またひとつ、貴重な勉強をさせていただきました。


    手さぐりの状態から「閖上地区災害時炊き出し訓練」を企画・運営された

    閖上の絆実行委員会の皆様、当日炊き出し訓練を手伝われたスタッフや

    ボランティアの皆様、本当にご苦労様でした



    [2016/11/08 17:33] | 防災・減災
    トラックバック:(0) |
    こんにちは希望です

    今回はサロン特集第4弾
    (サロン特集第3弾の記事はこちら

    柳生サロンの定例イベント「歌いましょう、遊びましょう」

    に行ってきました

    01 柳生サロン


    実はこのイベント、前々からずっと行ってみたかったんです


    なぜか。。。



    その理由は…




    このイベント、サロンの利用者さんたちが自主的に発足させ、運営して

    いるからなんです



    もともとは歌の講師を招いて歌の練習をするイベントに

    参加されていた利用者の方々。

    講師の方のスケジュール確保ができず、イベントの中止が決まったとき、

    「それなら自分たちで企画・運営すればいいじゃないか

    と立ち上がり、毎月1回のイベントを自ら企画し、毎回10名以上の

    方が集まって交流を深めているそうです


    そして、気になる今回の活動内容はというと。。。

    02 柳生サロン

    まずは、11月12~13日の「名取復興音楽祭」出場に

    向け、歌と踊りの練習です


    そしてお次は。。。


    03 柳生サロン


    昔懐かしの遊び「めんこ」を使い、2チームに別れ真剣勝負

    テーブルの端から、もう一方の端に向かってめんこを手のひらで飛ばします。

    先攻者がテーブルの端ギリギリにめんこを飛ばし、後攻者がさらに端ギリギリに

    めんこを飛ばすと…


    04 柳生サロン

    みなさん手を叩いて大盛り上がり


    そしてまだまだ続きます


    05 柳生サロン

    大きなトランプを使い、七並べ

    ルールは人数や時間に応じて、みんなで相談して決めます。

    たっぷりと頭の体操をした後は…

    06 柳生サロン

    名取復興音楽祭の打ち上げ企画の打ち合わせ

    07 柳生サロン


    集合場所の柳生サロンまでの乗り合わせ方法や、乗り合いバスの予約、

    料理の内容など、細かなところまで、どんどんと、テキパキと決めていきます


    たくさん歌い、遊び、相談した後は…

    IMG_1955.jpg


    利用者さんの持ち寄り料理によるランチパーティーの準備をします

    08 柳生サロン

    ここでもみなさん、あうんの呼吸で食卓の準備をされていました。



    今回、柳生サロンにお邪魔して感じたことを3つ。


    1 利用者さん同士の息がピッタリ


    2 利用者さんの間に、お互いの意見を認め合い、尊重する雰囲気があること


    そして何より。。。

    3 利用者さんの笑顔がステキなこと 




    仮設住宅から復興公営住宅や民間アパートに移り住まわれる方が増え、

    一度できた人と人とのつながりが薄れてしまうことを心配する声も聞かれます。


    そんな中、ここ柳生サロンでは、一人ひとりが主役として活躍し、お互いのことを

    大事に想い、つながり合う空気がありました。

    そしてサロンでできたつながりは、サロンの外でも大切にされているのだと

    感じました。

    09 柳生サロン


    とってもステキな笑顔のみなさま、どうもありがとうございました



    [2016/10/31 20:14] | 常設サロン
    トラックバック:(0) |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。