(旧『仮設住宅の日々』)東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県名取市。復興までの軌跡を被災した架空の一家『福幸(ふっこう)』さんちの生活とともに綴ります。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    こんにちは、絆です。

    昨日で、東日本大震災から丸2年が経過しました。
        2011年3月11日 14:46
    あの日を悼み、多くの人が手を合わせていたと思います。

    3月11日にあわせて、全国各地で、日本を超えてNYやスマトラといった海外でも、追悼イベントが行われました。

    もちろん、僕たちの住む名取市でも。

    【 3月10日 】
    日和山(ひよりやま)公園、閖上漁港具倉庫付近で、「閖上で逢おうよ!」というイベントが行われました。
    午前中は、和太鼓の演奏。
    写真に写っているのは、「閖上太鼓保存会」の皆さんです。
    閖上 太鼓
    多くの人が見に来ていました。
    太鼓2
    また、閖上太鼓保存会の方々の他に、小牛田から「創作和太鼓 駒の会」さんが、石川県から「炎太鼓」さん・「サスケ」さんが来て、素晴らしい演奏を披露してくれました。

    動画も撮ってきたので迫力のある演奏をご覧ください!
    [広告] VPS


    午後からは、YOSAKOI慰問演舞。
    演舞を披露してくれたのは、以下の9チームです。
    【関東チーム】
    ・K-one動流夢 ・さがみ信用金庫 翔舞 ・旗士有志
    【仙台チーム】
    ・舞紅萩 ・羽跳天 ・グァテマラ ・みちのくYOSAKOI大漁連 ・聖和学園短期大学 和敬 ・宮城学院女子大学よさこい部 Posso ballare?MG
    心が躍るような素晴らしい演舞でした。
    よさこい1よさこい2
    たくさんの方に出演していただき、本当にありがとうございました。

    【 3月11日 】
    名取市文化会館では、「東日本大震災 名取市追悼式」が執り行われました。
    そして、閖上中学校では「3.11 天国のあの人へメッセージを届けたい」が行われました。

    このイベントは『震災によって奪われた家族、友人、たくさんの大切な命。閖上中学校遺族会みなさんの「天国にいる家族にメッセージを届けたい」という強い想いから、あの日から2年となる2013年3月11日に天国にいる大切な人へ向けてメッセージ風船を飛ばします。』というものです。

    会場についてみると、とてもたくさんの人が集まっていました。
    閖中3
    閖上中学校以外にも、日和山で、お寺で、それぞれの家の跡地で、多くの人が集まり「3月11日」を悼んでいました。

    14:46 閖上中学校に集まっていた参加者全員で、黙祷をささげます。
    黙祷のあと、ハト型の風船に、思いを乗せて、
    閖中1
    空へと解き放ちました。
    閖中2
    蒼く澄んだ空に、白いハト型風船が飛んでいく姿がとても印象的で、「思いはきっと届く」と感じました。
    関連記事

    [2013/03/11 16:25] | 未分類
    トラックバック:(0) |
    コメント:
    この記事へのコメント:
    コメント:を投稿
    URL:

    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック:
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。