(旧『仮設住宅の日々』)東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県名取市。復興までの軌跡を被災した架空の一家『福幸(ふっこう)』さんちの生活とともに綴ります。
    こんにちは、絆です
    先月29日、友人に会うために美田園第2仮設住宅にいったら、夕方から復興イベントを行っていたので報告します。

    会場は、仮設住宅の隣の美田園駅前広場。
    広場の方から、ガヤガヤと人が集まっている音がしたので見に行ってみたら、びっくり。
    熱気球が膨らみ始めていました。
    P9290195.jpg
    急いで広場の方に行くと、もう一機を膨らませるためか、ガスの出を確かめるのか「ボー」と大きな音を立てていました。
    近くにいた方に聞いてみると、復興支援イベントの一環で「ココロツナグ 熱気球の係留とバルーングロー」をいう企画だそうです。
    被災地各地(計6会場)で10機の熱気球を一斉係留するという企画。
    その会場の一つが、美田園駅前広場ということで、30日の朝に熱気球の係留を行い、29日の夜には「バルーングロー」を行うというもの。

    これから、その「バルーングロー」を行うと聞いたので見ていると
    自分のすぐ近くで熱気球が次々と膨らんでいきます。
    P9290208.jpg
    熱気球をこんなに近くで見るのも初めてだし、すごく近くでこんな作業を見れるなんて本当に驚きました。
    その次々と上がる熱気球をみて、近隣住民のかた、仮設住宅の方、通行人の方、買い物客の方など続々人が集まってきました。子供たちが大はしゃぎ。大人も皆「大きい!」「凄いねー。」など歓声を上げていました。
    P9290216.jpg
    気が付いたらこんなに人が集まっていました
    P9290214.jpg
    最終的には、5機の熱気球が出来上がりました。

    そして「バルーングロー」。
    「バルーングロー」ってなんだろうとみていると
    笛の音に合わせて熱気球を光らせます
    P9290219.jpg
    2機だけ光らせたり、全部一斉に光ったり
    P9290220.jpg
    見ていてとても楽しいイベントでした。
    熱気球を上げていたスタッフの皆さん、イベントを企画してくださった皆さん、ありがとうございました。
    関連記事

    [2012/10/01 09:25] | 未分類
    トラックバック:(0) |

    バルーン乗りました
    まるちゃん
     バルーングローすごかったですね。私も見て感動しました。何でも翌朝希望者は乗せてくれるということを聞いたので、行ってみました。子供と一緒に乗せていただき良い経験になりました。
     「おぢや」と書いたバルーンに乗せていただいたのですが、これは新潟県の小地谷市からの参加ということでした。中越地震の時、名取の方にもお世話になったということで今回参加されたそうです。

    コメント:を閉じる▲
    コメント:
    この記事へのコメント:
    バルーン乗りました
     バルーングローすごかったですね。私も見て感動しました。何でも翌朝希望者は乗せてくれるということを聞いたので、行ってみました。子供と一緒に乗せていただき良い経験になりました。
     「おぢや」と書いたバルーンに乗せていただいたのですが、これは新潟県の小地谷市からの参加ということでした。中越地震の時、名取の方にもお世話になったということで今回参加されたそうです。
    2012/10/02(Tue) 11:34 | URL  | まるちゃん #HiDrdIW2[ 編集]
    コメント:を投稿
    URL:

    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック: