(旧『仮設住宅の日々』)東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県名取市。復興までの軌跡を被災した架空の一家『福幸(ふっこう)』さんちの生活とともに綴ります。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    希望(のぞみ)です
    毎日暑いですね~先週までの涼しさが恋しい…

    そんな残暑厳しい15日(水)、仮設住宅の愛島東部団地の夏祭りに行ってきたから紹介するわね

    団地の入口からも目を引く「高灯篭(たかどうろう)※」
    みなさんで何日も前から用意していたんですって。
    高灯篭
    ※閖上地区では、新盆から3年間吊るされるという風習がありました。竹灯籠、逆さ弓とも。


    お祭りは、なんといっても食べ物よねかき氷なんかも良いけど、自治会のみなさんで作ったものに注目。
    まずは、味噌おにぎり。香ばしくて、すごく美味しそう
    焼きおにぎり

    シジミ汁も味噌仕立てに。シジミは、ゆりあげ港朝市でお馴染みのさくらい水産から頂いたそうよ。
    シジミ汁

    急遽追加されたという焼き鳥も美味しかった~
    焼き鳥

    子どもたちのお目当ては、おもちゃの金魚すくいやヨーヨーすくい
    水ヨーヨーすくい

    空が暮れはじめたころ、遠藤自治会長の挨拶でお祭りがスタート
    遠藤会長挨拶

    歌が始まれば、皆さんも踊り始める
    盆踊り

    そして、これも閖上の夏の風物詩「まんじゅう焼き」
    柳の枝に3個刺し、お盆の迎え火であぶって食べるのよ。
    饅頭焼き

    七軒の家々をまわり、迎え火であぶったおまんじゅうを食べると、病気をしないって言い伝えがあるの。
    だから、ここでも七か所にたき火を用意してあったわ
    饅頭焼き2

    18日(土)は、サッポロビールで「名取駅前de夏祭り」があるらしいし、各地区の夏祭りはまだまだこれからも続くから、あちこち行ってみようかしら
    関連記事

    [2012/08/17 11:34] | 未分類
    トラックバック:(0) |
    コメント:
    この記事へのコメント:
    コメント:を投稿
    URL:

    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック:
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。