(旧『仮設住宅の日々』)東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県名取市。復興までの軌跡を被災した架空の一家『福幸(ふっこう)』さんちの生活とともに綴ります。
    8月27日(土)に、各仮設住宅入居者への合同説明会を仙台法務局名取出張所2階で行いました。
    今回で、名取市の仮設住宅への入居はほぼ終了し、860世帯2,190人になります。


    DSCN0304.jpg
    受付にて、配布書類を渡しています。



    DSCN0309.jpg
    当室の山家(やんべ)室長より、被災者の方々へ挨拶。



    DSCN0315.jpg
    26日から神戸市より派遣されているM坂さんも、早速契約手続きの受付を担当しました。

     5月3日からすすめられた名取市の仮設住宅入居も、これで一段落かと思います。
     被災者の方々には、一日も早い復興を願っております。
    関連記事

    [2011/08/27 15:50] | 管理室ネタ
    トラックバック:(0) |
    コメント:
    この記事へのコメント:
    コメント:を投稿
    URL:

    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック: