(旧『仮設住宅の日々』)東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県名取市。復興までの軌跡を被災した架空の一家『福幸(ふっこう)』さんちの生活とともに綴ります。
    こんにちは!希望(のぞみ)です
    7月2日に名取市文化会館で開かれた子育て支援サロンに参加してきました

    開会の挨拶のあと、みんなで「きらきら星」を歌ったのよ
    きらきら星①

    そして今回のイベントのゲストは、音楽療法を行っているムジカトゥッティという団体の代表・多田羅さんと劇団四季のミュージカル「ライオンキング」初代パーカッショニストでもあるB.B.モフランさん

    さっそくモフランさんにトーキングドラムを披露していただきました
    [広告] VPS




    そのあとはジャンベ
    本格的なアフリカンミュージックだったわ
    最初は圧倒されていた子供たちも次第に「コール&レスポンス」リズムを覚えながら手拍子で参加
    ジャンベ①

    やってみたいと名乗り出た3人が体験させてもらいました
    とんかつ~食べたい、とんかつ~食べたいのリズムでね
    ジャンベ体験

    モフランさんのピアノと多田羅さんのジャンべのセッションも素敵だったわ
    ピアノセッション

    次は全員でアフリカンソングを歌ったのよ
    ジャンボ ジャンボ ブワナ(こんにちは 旦那さま)
      ハバリガニ ムズリササ(お元気ですか? 大変元気です)
      ハクナマタタ(大丈夫 心配ないよ!)
    全員参加


    歌い終わったところでブレイクタイム
    みなさん楽しそうにお話していました
    お茶休憩①


    いっぱい音楽にふれあえて大人も子供もとても満足したひと時になりました
    関連記事

    [2012/07/10 17:21] | 支援
    トラックバック:(0) |
    コメント:
    この記事へのコメント:
    コメント:を投稿
    URL:

    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック: