(旧『仮設住宅の日々』)東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県名取市。復興までの軌跡を被災した架空の一家『福幸(ふっこう)』さんちの生活とともに綴ります。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    進です

    7月1日に閖上宅地かさ上げ現地確認場見学会に行ってきました
    今回は、正式にオープンする前に、主に閖上のみなさんを対象にして見学会が開催されました。
    P1000798.jpg



    海岸堤防を丁張で表現しています。
    P1000741.jpg



    貞山堀の堤防と宅地を土盛しています。土盛部分は、一見すると古墳のように見えます。
    閖上地区の現在の高さは、測量の結果、TP+1.1メートルだったので、今回の土盛は3.9メートル盛ってあるそうです。
    P1000738.jpg


    土盛の上ほどに引かれた線は、今回の津波で閖上公民館のあたりに来た津波の高さを示しています。
    P1000791.jpg


    見学会当日は多くの人が、土盛の上に登ってみて、高さを確認していました。
    P1000749.jpg


    見学場は、説明板などの整備を行い、今月下旬に一般公開される予定だそうです。





    関連記事

    [2012/07/09 10:38] | 未分類
    トラックバック:(0) |
    コメント:
    この記事へのコメント:
    コメント:を投稿
    URL:

    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック:
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。