(旧『仮設住宅の日々』)東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県名取市。復興までの軌跡を被災した架空の一家『福幸(ふっこう)』さんちの生活とともに綴ります。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    希望(のぞみ)です

    先日友人に誘われて、東中田市民センターで行われた名取交流センター主催のお茶飲みサロンに参加してきました
    サロンは東日本大震災で被災して県借り上げの民間賃貸住宅に住んでいる方や在宅被災者を対象にしているのよ


    まずはみんなで自己紹介


    そのあと藤田先生の指導のもとストレッチとても体がラクになったわー
    DSCN1022.jpg
    DSCN1024.jpg




    続いて「どんぐりころころ」を合唱
    DSCN1026.jpg



    そのあとはみんなでお茶を飲みながらおしゃべり
    DSCN1027.jpg


    藤田先生が整体もやってくれるのよ
    時間の関係で人数が限られてしまうけど、今度はぜひやってもらいたいわ
    DSCN1032.jpg


    地元の人たちと顔を合わせて話すことが少なくなってしまったからいい機会だったわ
    家族の話や最近はまっていること。なかなか人に話づらいような今抱えてる不安を打ち明けられたから
    なんとなく心がすっきりしたわ


    サロンを行うにあたってアサヒ飲料さんから飲み物の提供があったみたいで、ごちそうになりました
    DSCN1033a.jpg



    最後に閖上大漁祝い唄をうたって踊って終了
    DSCN1044.jpg


    サロンの開催日程は毎月の名取復興だよりに載っているからぜひ足を運んでみてね


    お茶飲みサロンについてのお問い合わせは
    名取市サポートセンター「どっと.なとり」℡022-290-2090
    もしくは
    名取交流センター(担当:飯澤)℡080-5559-2193 まで問い合わせてみてね

    関連記事

    [2012/06/06 10:18] | 支援
    トラックバック:(0) |
    コメント:
    この記事へのコメント:
    コメント:を投稿
    URL:

    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック:
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。