(旧『仮設住宅の日々』)東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県名取市。復興までの軌跡を被災した架空の一家『福幸(ふっこう)』さんちの生活とともに綴ります。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    希望(のぞみ)です

    今月は市内の各仮設住宅でAEDを用いた除細動の講習会が開催され
    私も参加してきました

    講師を務めてくれたのは「日本赤十字社宮城県支部」より
    派遣されたボランティアの方々です

    10日の箱塚屋敷の講習会は参加者全員で訓練人形の準備からスタート
    AEDブログ用01
    上手にできたかな?



    「大丈夫ですか?!」
    AED02
    倒れている人を見かけたら…まずは声をかけて意識があるか確かめます



    こちらは14日に開催された美田園第2仮設住宅での様子
    AED04
    AEDを使用した心肺蘇生を練習します


    「AEDを扱うのは初めてだけど…」
    AED03
    AEDは音声ガイド付きなので初めての方でも扱うことができます



    美田園第3仮設住宅の講習会
    AEDが利用できないときは…
    AED05
    胸骨圧迫→気道確保→人口呼吸→胸骨圧迫…
    その後は人口呼吸→胸骨圧迫を繰り返し心肺蘇生を行います



    繰り返し、繰り返し…
    AED06
    実際やってみるとなかなか体力のいる仕事です



    美田園第1の講習会の一コマ
    AED07
    参加したみなさんで胸骨圧迫


    いざというときに知っているのと知らないのでは大違い
    AED08
    みなさん真剣に聞き入ってます



    4月の講習会では各仮設住宅で合計63名の方が講習に参加されました。
    自分も講習を受けてみたい、心肺蘇生について知っておきたいという方は
    日本赤十字社宮城県支部、またはお近くの消防署等に問い合わせてみてください



    関連記事

    [2012/04/19 17:51] | 地域
    トラックバック:(0) |
    コメント:
    この記事へのコメント:
    コメント:を投稿
    URL:

    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック:
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。