(旧『仮設住宅の日々』)東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県名取市。復興までの軌跡を被災した架空の一家『福幸(ふっこう)』さんちの生活とともに綴ります。
     希望(のぞみ)です


     3月。

     とうとう,あの震災から1年が経とうとしてます。

     出来れば思い出したくない。。。でも,決して忘れてはいけない。いろんな想いが交錯します。

     そんな気持ちを奮い立たせてくれる,震災を乗り越えてきた先輩たちからのエールが届きました。



     阪神・淡路大震災があったその年から始まった,復興を願う神戸市の光の祭典「神戸ルミナリエ」。

     そのルミナリエをイメージした「KOBEイルミネーションバス」が,東日本大震災の被災者を励まそうと,名取市の植松入生と美田園第一の二団地に来てくれたの。
    イルミネーションバス1

     神戸市交通局では,ルミナリエ会場を訪れることの出来ない身体障害者やお年寄りのためにルミナリエの雰囲気を味わってもらおうと,イルミネーションを飾り付けたこの「KOBEイルミネーションバス」をルミナリエの期間中運行しているそうよ。

    イルミネーションバス2

     超キュートな神戸市営地下鉄キャラクター「ゆうちゃん」も応援にきてくれてテンション
    ゆうちゃん

     そして,ゲストとして神戸で活動しているバンド「East Gate Street Band」さんが,被災者の方々に震災を乗り越えていってほしいと願いを込めて4曲のオリジナルソングを熱唱あまりの熱さに,思わず手拍子が出ちゃったわ
    East Gate Street Band

     震災を通じて繋がった,名取と神戸の絆。これからもずっと大切にしていきたいですね
    関連記事

    [2012/03/05 20:15] | 支援
    トラックバック:(0) |
    コメント:
    この記事へのコメント:
    コメント:を投稿
    URL:

    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック: