(旧『仮設住宅の日々』)東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県名取市。復興までの軌跡を被災した架空の一家『福幸(ふっこう)』さんちの生活とともに綴ります。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

     だいぶ遅くなってしまいましたが、去る10月13日から18日まで開催いたしました民賃入居世帯向けの支援物資配付会についてのご報告です。

     6日間でハガキでご案内出来た世帯以外に、他市町に申請された民賃入居世帯や親戚のお宅に身を寄せていた方々など、合わせて1,067世帯の方々に支援物資を配付させていただくことが出来ました。

     初日から予想以上の大混雑となり、途中から支援物資が行き渡らなくなったことや、2日目の朝にお並びいただいた方々には開始時間が遅れるなど大変ご迷惑をおかけいたしましたこと、そのほかたくさん行き届かなかったことがあり本当に申し訳ございませんでした。
     また、毛布や食料関係を中心に県危機対策課震災対応支援チームや各種団体・法人の方々のご協力をいただき支援物資が準備できましたこと、心から御礼申し上げます。
     さらに、津波被害を受けながら自力で自宅にとどまっている方などに今回の配付会をお知らせいただいたり、運搬していただきました支援者の方々にも、あらためて感謝申し上げます。

     こうした支援物資の配付の機会は、物資の調達や会場確保などもあり今後難しくなると思いますが、コミュニティの再構築や新たな形成など、さまざまな形で支援していければと考えております。
    関連記事

    [2011/10/24 23:04] | 支援
    トラックバック:(0) |
    コメント:
    この記事へのコメント:
    コメント:を投稿
    URL:

    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック:
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。