(旧『仮設住宅の日々』)東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県名取市。復興までの軌跡を被災した架空の一家『福幸(ふっこう)』さんちの生活とともに綴ります。
     日本人は言葉を短縮するのが大好きです。

     世界共通にもなっている「カラオケ」やよくよく考えてみれば、今書いてる「ブログ」だってウェブログの短縮語です。(日本語じゃないですが

     しかし,最近の短縮語はさっぱりわかりません。
     「リア充」とか言われても,文字面だけでは皆目見当もつきません。
     ウチの新人のM浦くんは、「ジシャコー」(=自動車学校)に通っていると言って,今はなきジシャコー「ナトドラ」出身の「アラフォー」世代にジェネレーションギャップを感じさせたりもします。


     そんな2011年の震災後に、新たな短縮語が登場しました。

     「民賃」(みんちん)です


     正確には,「民間賃貸住宅の応急仮設住宅扱い」という制度で,民間のアパートや貸家などを応急仮設住宅として県が借り上げる制度で,名取市でも全仮設住宅団地の入居者2,182名(9月末現在)に対し,ずっと多い3,000名を超える方々がこの制度を利用し,入居しております。

     これまで,このブログでは各仮設住宅団地の方々への支援についてご紹介をしてきましたが,民間のアパートや貸家に入居しているために支援の手が届かず,この「民賃」に入居されている方々はそうした支援を受けることが非常に困難になっています。

     民間のアパートや貸家に住んでいるからと言って,支援が不要な訳ではありません。
     住家を失った同じ被災者ですので,経済的にも精神的にも大きなダメージを受けています。


     そこで,だいぶ時間がかかってしまったのですが,名取市では現在,物的な支援だけでもと支援物資配付の準備を進めております。

     近々,入居されている方々に御連絡が出来るかと思いますので,今しばらくお待ちください。


     なお,この支援に御賛同いただける方がいらっしゃったら,メールで結構ですので是非御連絡下さい。
     よろしくお願いいたします。
     

    ※ちなみに,民賃という言葉は,不動産業界などでは「民間賃貸住宅」の短縮語として一般的に使用されていたそうで,新しい言葉では無いです。
    関連記事

    [2011/10/05 00:18] | 団地紹介
    トラックバック:(0) |

    支援物資
    のりぴー
    本当に、民賃に入居している人達にも物資を、お願いします。
    私は、家族が介護4の為家が流出した際も避難所におれず、親戚の家を転々としました。避難所に行き、物資を頂こうとした時も市役所の方から、「ここにある物は、避難所にいる人のものだから差し上げることは出来ません。」と、言われました。同じ被災者なのに・・。仮設住宅に入られた方は、未だに物資を頂いているとお聞きします。私達は、理由があって民賃に入ったんです。決して、余裕があるからではありません。市の方で、一度罹災証明を持っていけば物資をいただけると、言うことをされましたね。でも、600番台でしたが、何もいただけませんでした。外車で来られたかた数名が、沢山物を持って行った。とも、聞きました。今度、また支援物資配布をされるのでしたら、平等に配布していただきたいと思います。
    それと、仮設住宅では温泉旅行に頻繁に行かれてますよね。うちの年寄りも行きたいと言ったところ、仮設住宅に入っていないからダメだと、言われました。
    もう少し、民賃の方達にも目を向けてください。
    同じ閖上住民なんですから!

    民賃家族
    みぃ
    私も閖上で被災し、仕事・家 全てが流出し 家族全員体だけが残った者です。 亡くなられた方がいるご家庭では命があっただけで幸せだろうと言われるのかもしれません。 それは重々承知しています・・・が!
    高校生の子供を抱え、通学に少しでもお金が掛からないように 民賃 を利用しました。 仮設住宅の方々から見れば お金に余裕があるから? 的に思われがちですが、決してそうではないのです。
    ある時、お友達のいる箱塚住宅に遊びに行っていた際、ボランティアのかたから物資が届きました。友達に誘われ その輪に入り物資を見ていると 周りから「あの人、仮設の人じゃ無いよね」等と声が聞こえてきました。
    私に言わせりゃ・・・仮設の人だけなの???そんな思いでした。
    私達 ”民賃家族” も今までは同じ閖上で暮らしていた 同じ被災者なのです。 
    又いつか 同じ閖上で生活出来る事を夢見ている仲間なのではないですか? 民賃で生活している沢山の家族のためにも、近くの公民館等で物資の支援活動をしてくれても 良いのではないでしょうか? 私達が最後に頼れるのは 行政 しかありません。
    最近、少しづつ寒くなってきましたが 本格的な寒さが来る前に是非、お力をお借りしたいものです。

    そして、”民賃”で生活をしている皆さん黙っていては誰も助けてくれません!自分自身の心を少しで良いから ”声”にしていこうではありませんか。
    一人二人の力では、行政は動いてくれません。民賃の声を行政にしっかりと届けていけるよう 立ち上がりましょう!





    コメント:を閉じる▲
    コメント:
    この記事へのコメント:
    支援物資
    本当に、民賃に入居している人達にも物資を、お願いします。
    私は、家族が介護4の為家が流出した際も避難所におれず、親戚の家を転々としました。避難所に行き、物資を頂こうとした時も市役所の方から、「ここにある物は、避難所にいる人のものだから差し上げることは出来ません。」と、言われました。同じ被災者なのに・・。仮設住宅に入られた方は、未だに物資を頂いているとお聞きします。私達は、理由があって民賃に入ったんです。決して、余裕があるからではありません。市の方で、一度罹災証明を持っていけば物資をいただけると、言うことをされましたね。でも、600番台でしたが、何もいただけませんでした。外車で来られたかた数名が、沢山物を持って行った。とも、聞きました。今度、また支援物資配布をされるのでしたら、平等に配布していただきたいと思います。
    それと、仮設住宅では温泉旅行に頻繁に行かれてますよね。うちの年寄りも行きたいと言ったところ、仮設住宅に入っていないからダメだと、言われました。
    もう少し、民賃の方達にも目を向けてください。
    同じ閖上住民なんですから!
    2011/10/05(Wed) 12:09 | URL  | のりぴー #-[ 編集]
    民賃家族
    私も閖上で被災し、仕事・家 全てが流出し 家族全員体だけが残った者です。 亡くなられた方がいるご家庭では命があっただけで幸せだろうと言われるのかもしれません。 それは重々承知しています・・・が!
    高校生の子供を抱え、通学に少しでもお金が掛からないように 民賃 を利用しました。 仮設住宅の方々から見れば お金に余裕があるから? 的に思われがちですが、決してそうではないのです。
    ある時、お友達のいる箱塚住宅に遊びに行っていた際、ボランティアのかたから物資が届きました。友達に誘われ その輪に入り物資を見ていると 周りから「あの人、仮設の人じゃ無いよね」等と声が聞こえてきました。
    私に言わせりゃ・・・仮設の人だけなの???そんな思いでした。
    私達 ”民賃家族” も今までは同じ閖上で暮らしていた 同じ被災者なのです。 
    又いつか 同じ閖上で生活出来る事を夢見ている仲間なのではないですか? 民賃で生活している沢山の家族のためにも、近くの公民館等で物資の支援活動をしてくれても 良いのではないでしょうか? 私達が最後に頼れるのは 行政 しかありません。
    最近、少しづつ寒くなってきましたが 本格的な寒さが来る前に是非、お力をお借りしたいものです。

    そして、”民賃”で生活をしている皆さん黙っていては誰も助けてくれません!自分自身の心を少しで良いから ”声”にしていこうではありませんか。
    一人二人の力では、行政は動いてくれません。民賃の声を行政にしっかりと届けていけるよう 立ち上がりましょう!



    2011/10/07(Fri) 11:09 | URL  | みぃ #-[ 編集]
    コメント:を投稿
    URL:

    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック: