(旧『仮設住宅の日々』)東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県名取市。復興までの軌跡を被災した架空の一家『福幸(ふっこう)』さんちの生活とともに綴ります。

    こんにちは進です

    10月23日(日)に閖上公民館仮設事務所で開催された
    「閖上地区災害時炊き出し訓練」に行ってきました。

    01 防災芋煮

     
    この炊き出し訓練は、閖上の地域コミュニティの再生を目的として、
    今年夏に地域住民有志により結成された「閖上の絆実行委員会」が
    第2回目の地域交流イベントとして開催したものです。

     (閖上の絆実行委員会の第1回目イベントの様子はこちら





    今回の主役となるのはこちら…


    02 防災芋煮


    防災鍋です


    この防災鍋を使って、発災時にスムーズに炊き出しが出来るよう訓練
    するとともに、住民同士の顔の見える関係をつくることにより、災害への
    対応力を高めることが今回の目的だそうです。

    まずは、閖上の絆実行委員会会長の今野義正さんから挨拶です。


    IMG_2478.jpg

    「ハード整備は着々と進んでいるが、ソフト面の充実がこれからは重要だ。
    閖上の絆実行委員会が実施するイベントをとおして、住民同士の絆を
    強めてほしい」

    と挨拶されました。




    次は、市職員からの防災講和です。


    IMG_2487.jpg

    「防災に対する意識は、発災から3~4年後がもっとも高いとされるが、
    その後は時間の経過とともに薄れ、10年もすれば発災前の意識レベルに
    戻ってしまうといわれている。こうした集まりを定期的に開催することは、
    防災意識が高まるとともに、地域の交流が深まることで災害への対応力向上
    につながる」

    とお話しされました。





    平成7年に起こった阪神・淡路大震災では、地震によって倒壊した
    建物から救出され生き延びることができた人の約8割が、家族や
    近所の住民等により救出され
    、消防、警察や自衛隊によって
    救出された人は約2割だったと聞いたことがあります。

    大規模かつ広域に及ぶ災害では、行政機能が麻痺することもあり、
    そうした状況を前提に、自助・共助による災害対応の強化を図るべきと
    いわれるようになったそうです。

    お二人のお話を聞き、改めて、日々の生活のためにも、防災のためにも、
    地域のつながりを強めることが非常に重要だと感じました。



    …と、しばらく考えごとをしていると。。。



    むむっ



    いい匂いがしてきましたぞ



    実りの秋を感じさせる、この甘く、かぐわしい香りは…





    05 防災芋煮


    やはり


    炊き立ての新米ですな



    館腰地区有志のみなさまにより、炊き立てのご飯はテキパキと
    とりわけられていきました。



    そして、気になる防災鍋を使った芋煮はというと。。。

    03 防災芋煮


    もう、素敵です


    閖上婦人防火クラブの奥様方の愛情がたくさん注がれたアツアツの芋煮は。。。


    06 防災芋煮


    きれいに整列し。。。


    07 防災芋煮


    来場者に手渡され。。。


    08 防災芋煮


    このとおり!

    みんなを笑顔にしてくれました


    09 防災芋煮


    帰り際、閖上の絆実行委員会事務局の方とお話しさせていただきました。

    「地域のつながりが深まる素敵な催しでしたね」

    と私が言うと、


    「今回の炊き出し訓練は、準備の手順や芋煮の分量など、反省点や
    見直すべき点がたくさんある。だからこそ来年に向けて皆で話し合い、
    反省点を改善しようとする試みの中で、より地域のつながりは深まっていく。
    初回で完璧に成功したイベントは、皆が満足してしまって終わり。
    だからイベントは、反省点がある方がいいんです。」


    と、事務局の方はおっしゃいました。



    またひとつ、貴重な勉強をさせていただきました。


    手さぐりの状態から「閖上地区災害時炊き出し訓練」を企画・運営された

    閖上の絆実行委員会の皆様、当日炊き出し訓練を手伝われたスタッフや

    ボランティアの皆様、本当にご苦労様でした


    関連記事

    [2016/11/08 17:33] | 防災・減災
    トラックバック:(0) |
    コメント:
    この記事へのコメント:
    コメント:を投稿
    URL:

    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック: