(旧『仮設住宅の日々』)東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県名取市。復興までの軌跡を被災した架空の一家『福幸(ふっこう)』さんちの生活とともに綴ります。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    前回に引き続き、8月の話題でスミマセンが・・・・
    去る8月30日(火)の午後、箱塚桜仮設住宅集会所で、産経新聞社主催「未来塾」の第9回支援事業として、
    歌手の多田周子さんの「コンサート」が開催されましたので、その様子をお知らせします。

    DSC_3863.jpg

    子供からお年寄りまで、幅広く多くの方に集まってもらいました。



    DSC_3857.jpg
    多田さんと客席との距離は、「目と鼻の先」と言っていいくらい。
    お互いの鼓動と、息遣いが聞こえてきそうです。


    DSC_3878.jpg
    歌と歌の合間には、楽しいトーク。客席には笑顔の花が咲きました。



    DSC_3883.jpg
    ギターの千代さん。大河ドラマの「篤姫」挿入曲でギターを演奏しているそうです。



    DSC_3885.jpg
    キーボードの海老原さん。岡村孝子さんなどのコンサートでも演奏しています。


    DSC_3894.jpg

    多田さんも阪神淡路大震災で被災し、その時の体験もお話しされていました。



    DSCN0307.jpg

    コンサートの終わりに、大脇自治会長から御礼のあいさつがありました。


    DSCN0310.jpg

    コンサート終了後、多田さんからサイン色紙がプレゼントされましたが、お客様からお礼として
    手作りのマスコットをプレゼントしていました。



    DSC_1021.jpg

    多田さん、千代さんと海老原さん、スタッフのみなさん、観客のみなさんで記念写真!!
    心癒されるコンサート、ありがとうございました。


     約1時間のコンサートでは、多田さんの温かい優しい歌声で唱歌や童謡を歌っていただきましたが、
    演奏曲目には、お客様の顔ぶれを見て決めた曲もあったということで、参加したみなさんは一緒に
    口ずさんだりして、癒しのひとときを過ごしていました
    関連記事

    [2011/09/12 14:06] | トピックス
    トラックバック:(0) |
    コメント:
    この記事へのコメント:
    コメント:を投稿
    URL:

    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック:
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。