(旧『仮設住宅の日々』)東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県名取市。復興までの軌跡を被災した架空の一家『福幸(ふっこう)』さんちの生活とともに綴ります。
    こんにちは。絆です。
    4月9日(土)は、お父さんとお母さんと一緒に、待ちに待った
    「なとり春まつり」
    に行ってきました

    満開の桜が青空に映えてとってもキレイだったよ
    春祭り2

    お祭り会場に到着すると…
    春祭り1

    周りからは食べ物のとーーーってもいい匂いが
    フランクフルト焼きそばわたあめぇーーーーー
    っと走り出そうとする僕の手をお父さんがグイッ・・・


    「待ちなさい。絆。まずは閖上の今と将来についてお勉強だよ」とお父さん。

    入り口付近には、「閖上地区まちづくり協議会」の方たちによる、
    春祭り4

    最新機器「ドローン」を使い、閖上の現在の様子を撮影した映像や、
    春祭り6

    これからの閖上のまちづくりに関するアンケートや、
    春祭り5

    建設予定の「震災メモリアル公園」の模型など、
    春祭り3

    閖上の復興に関する展示を行っていました。

    僕たちが住む名取市で一番被害が大きかった閖上地区のまちづくりについて、
    僕も真剣に悩んでアンケートに答えました。

    そして、将来は僕も地域のために頑張る大人になろうと決心したんだ



    お勉強のあとは・・・

    名取名物「笹かまぼこ」を炭火で焼いて・・・
    春祭り10

    子どもから大人までみんな大好き「せり鍋」を持って
    春祭り9

    お花見
    春祭り7


    おいしい食べ物とキレイな桜で、お腹も心も満タンになった後は、

    ステージイベントを楽しんで、
    春祭り11

    今日の晩ご飯の材料に、新鮮な名取産の野菜をお買いもの


    春祭り8

    最後は「カーナくん」と握手して、
    春祭り12



    「なとり春まつり」を大満喫


    また来年もぜーーーーーーーったい来ようね

    とってもとっても楽しい一日でした
    関連記事

    [2016/04/12 17:24] | イベント
    トラックバック:(0) |
    コメント:
    この記事へのコメント:
    コメント:を投稿
    URL:

    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック: