(旧『仮設住宅の日々』)東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県名取市。復興までの軌跡を被災した架空の一家『福幸(ふっこう)』さんちの生活とともに綴ります。
    こんにちは、進です

    最近、出番が少ないので、私もボランティアに参加してみました

    2月28日(土)に開催されたボランティア型支援バスツアー
    閖上追悼イベントで飾る絵灯篭作りに参加してきました。

    最初に宮城農高の生徒さんが「観光甲子園」でグランプリに輝いた
    拡張現実(AR)の技術を搭載した眼鏡型情報端末を使って閖上小・中学校や日和山を案内してくれました。

    IMG_1594.jpg



    眼鏡をかけると、2011年4月、9月の現地の映像を360度見ることができて驚きました。

    AR.jpg


    他の参加者の方は「震災後の状況をその場で見ることができて貴重な体験になった」と話されていました。

    その後、パナソニック仙台工場へ移動して、東日本大震災の追悼行事に向けて絵灯篭作りのボランティアを行いました。

    武田先生


    私は紙の灯篭に絵を貼る作業を担当しました

    絵を貼る

    絵を貼る2



    宮城県内はもちろん、全国からもたくさん手書きの絵が寄せられ、
    犠牲になった方への思いや復興への言葉が書かれており、私も気持ちが熱くなりました

    絵灯篭


    スタッフやボランティアの方々で作業した4500基の絵灯篭は追悼イベントで点灯されるそうです。

    集合写真



    ~イベントのお知らせ~
    「3.11閖上追悼イベント2015」
    閖上五差路から日和山へと続く、1.2kmの絵灯篭による光の道。閖上小学校グラウンドに、市内外有志、全国から寄せられた絵灯篭・キャンドルによる灯りをともし、東日本大震災の犠牲者を追悼します。

    日時
    2015年3月
     8日(日)15:00~19:00
    11日(水)15:00~20:00


    場所
    8日(日): 旧名取市立閖上小学校をメイン会場とし、閖上地区において、絵灯篭・キャンドルを飾ります。
    11日(水): 旧名取市立閖上中学校をメイン会場とし、日和山から中学校まで絵灯篭を飾る予定です。





    関連記事

    [2015/03/02 19:12] | 支援
    トラックバック:(0) |

    復興に向かってがんばてくdさい。
    マツタケ名人
    復興に向かって行く姿、良く解りました。気仙沼大嶋煮をいても復興に向かってがん馬蹄マス。よろしければ気仙沼復興日記にも訪問してください。
    お互いに復興に向かって、がんばりましょう。

    コメント:を閉じる▲
    コメント:
    この記事へのコメント:
    復興に向かってがんばてくdさい。
    復興に向かって行く姿、良く解りました。気仙沼大嶋煮をいても復興に向かってがん馬蹄マス。よろしければ気仙沼復興日記にも訪問してください。
    お互いに復興に向かって、がんばりましょう。
    2015/05/08(Fri) 16:03 | URL  | マツタケ名人 #-[ 編集]
    コメント:を投稿
    URL:

    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック: