(旧『仮設住宅の日々』)東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県名取市。復興までの軌跡を被災した架空の一家『福幸(ふっこう)』さんちの生活とともに綴ります。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

     別府温泉で有名な大分県から復興支援のお手伝いに来ました、大分県職員のOです

     8月30日(火)、日本に1台しかない大分県佐伯市鶴見町のすしトラックが箱塚屋敷団地に登場。
     すしトラック
     朝日に『握る』がカッコいい

     神戸市経由で陸路13時間かけて来たそうです。
    すし寅



     大分県南部の佐伯市は、宮城同様魚の美味しい所で、すしが有名です
     当日のネタは、マグロの漬け、サーモンの押しずし、ぶりなど宮城の美味しい魚たちを宮城調理製菓専門学校の先生方が握りました。
    すしネタ


     あわせて、佐伯市のB級グルメ「ごまだしうどん」も持ってきました。
    ごまだし


     作り方はいたって簡単、麺をゆでてお湯をかけ、ごまだしをのせたらできあがり。
    しっかり混ぜて食べてください。
    ごまだしうどん



     初めて食べたご婦人方にも大好評、みなさん「美味しい」と言ってくださいました
    ごまだし美味しい

     ここにも、名取市⇔大分県の『絆』ごちそうさまでした。
    関連記事

    [2011/09/08 18:31] | 支援
    トラックバック:(0) |
    コメント:
    この記事へのコメント:
    コメント:を投稿
    URL:

    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック:
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。