(旧『仮設住宅の日々』)東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県名取市。復興までの軌跡を被災した架空の一家『福幸(ふっこう)』さんちの生活とともに綴ります。
    みなさんこんにちは。希望(のぞみ)です

    あの「阪神淡路大震災」からちょうど20年の1月17日(土)、美田園第一仮設住宅に、兵庫県神戸市の中華街「南京町」の老舗豚饅店などでつくられている「KOBE豚饅(まん)サミット実行委員会」の皆さんがおいしい豚まんを振舞って下さいました
    遠路はるばる来名されたスタッフの方々にきいたところ、阪神淡路大震災の時の支援への恩返しとして、東日本大震災の被災者支援をしたいという思いから、震災翌年の平成24年から始まったそうよ

    肉まん 湯気が立つ

    湯気が立っていてとてもおいしそうな豚まんでしょ
    寒空の下で食べたふかし立ての豚まんはとても温かで、しかも見た目に裏切らずと~っても美味。感謝とおいしさで、胸がいっぱいになりました~

    「KOBE豚饅サミット」のみなさん、本当にありがとうございました
    関連記事

    [2015/01/22 16:44] | 未分類
    トラックバック:(0) |
    コメント:
    この記事へのコメント:
    コメント:を投稿
    URL:

    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック: