(旧『仮設住宅の日々』)東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県名取市。復興までの軌跡を被災した架空の一家『福幸(ふっこう)』さんちの生活とともに綴ります。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

     こんにちは父の進(すすむ)です。

     8月5日(火)、閖上地区まちづくり協議会の第15回世話役会を傍聴してきました。

     この協議会は、閖上地区のまちづくりについて、住民目線の意見を市に提案するため、今年5月に設立された住民組織で、毎週火曜日に法務局2階の会議室で話し合いを続けられてきたそうです。

     今回の世話役会では、8月24日(日)に集会所で「公園・道路」と「災害公営住宅」の部会が開催されるとのことで、それに向けた準備について話し合われていました。この部会で出された意見を参考に市への提案書(案)を作成し、9月20日(土)に開催される臨時総会で会員の皆さんに諮るとのことです。

     閖上に住んでいる、または今後住むことを検討している方なら誰でも参加できるそうですので、興味のある方はぜひ部会に参加してみてはいかがでしょうか。

     日時:平成26年8月24日(日)
         10時~12時 箱塚屋敷団地集会所
         14時~16時 美田園第一団地集会所

     世話役の方々からは、「閖上を早く復興したい!」「より良いまちにしたい!」という熱意が伝わってきて、私も名取人の一人として自分に何ができるのか考える良い機会になりました。

     なお、部会の詳しい日程などは、閖上地区まちづくり協議会の公式ホームページに載っているそうです。
    関連記事

    [2014/08/11 14:42] | 復興
    トラックバック:(0) |
    コメント:
    この記事へのコメント:
    コメント:を投稿
    URL:

    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック:
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。