(旧『仮設住宅の日々』)東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県名取市。復興までの軌跡を被災した架空の一家『福幸(ふっこう)』さんちの生活とともに綴ります。
    こんにちは希望(のぞみ)です

    先週、砺波市と公益財団法人 砺波市花と緑の財団の方たちが、
    チューリップを植えに、はるばるやって来てくれたの

    砺波市(となみし)は北陸、富山県の西部に位置する市で、
    チューリップがとっても有名なのよ

    毎年「となみチューリップフェア」が4月~5月に開催されているらしいの
    私も行ってみたいわ~



    さて、当日は砺波市さんが約1万球も球根を持ってきてくださったの

    球根がいっぱい
    まずは半分ほどをプランターに植えていったのよ

    球根


    肥料を土に混ぜて……

    肥料


    プランターに植えました
    けっこうギュウギュウに植えるのね

    プランター


    球根を植えたプランターは、
    仮設住宅の希望される方にお配りしたのよ

    プランター2




    それから、小塚原から斎場につながる道路にも、
    残り半分のチューリップを植えたの

    目印を付けてから…
    穴あけ


    スコップで埋めていったの
    この道路沿いには、去年も砺波市さんからいただいたチューリップや、いろいろな花が植えてあるから、
    来年の春が楽しみね
    球根植え

    球根植え2


    砺波市の方からは、さらに今年の夏のチャリティイベントで集まった
    義援金までいただいたの早速、義援金の口座に振り込んだそうよ

    遠いところから本当にありがとうございました

    みなさんも、是非来年の春チューリップを見に行ってみてくださいね

    集合写真










    関連記事

    [2013/11/12 15:39] | 未分類
    トラックバック:(0) |
    コメント:
    この記事へのコメント:
    コメント:を投稿
    URL:

    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック: