(旧『仮設住宅の日々』)東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県名取市。復興までの軌跡を被災した架空の一家『福幸(ふっこう)』さんちの生活とともに綴ります。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    こんにちは希望(のぞみ)です
    以前このブログでお知らせした、『秋祭り~芋煮を囲んで結ってけ祭ン~』に行ってきたので、その内容を紹介するわね

    このイベントは名取市やその近隣の市町村の県借り上げ民賃に住む方や、在宅被災世帯・住宅を再建した世帯の再会の機会を設けるために行われたもので、なんとこの日約120名もの方がいらっしゃったのよ

    開会のあと、さっそく川崎町のボランティア団体「ひまわりの会」によるヴィオリラ、バンドの演奏がはじまったわ

    さっそく1曲目は今年話題のあまちゃんのテーマソングから
    バンド演奏

    美空ひばりのメドレーではみなさん一緒になって歌っていたわ

    口ずさむみなさん

    歌詞カードも配られて、「青い山脈」や「いつでも夢を」なども歌ったの


    ヴィオリラという楽器は初めて見たけど、様々な音色を出すことができて、とてもきれいだったのよ

    ヴィオリラ


    お昼は待ちに待った芋煮
    悪戸芋というなかなか入手することができない里芋を使った本格的な山形芋煮をごちそうになったわ

    芋煮

    芋煮食べる様子

    里芋が本当においしかったー
    あとで芋煮の汁でカレーうどんも作って食べたのよ


    おなかいっぱいになったあとは、ステージ発表

    閖上のことを思って書かれた歌、「望郷港町」をみんなで合唱したり、

    望郷港町

    望郷港町合唱


    柳生サロンの歌声クラブによる合唱と、津軽三味線の披露があったり、

    津軽三味線


    閖上大漁踊りの披露があったわ
    閖上大漁唄込み踊保存会のみなさんが、11・12月号のみやぎ県政だよりの表紙にも載っていたからぜひ見てみてね

    閖上大漁踊り


    最後にお楽しみ抽選会
    川崎町の農家さんが提供してくれた新鮮な野菜や、外国で作られたキルトなどいろいろと景品があったわよ

    景品野菜

    キルト


    おいしい芋煮を食べたり、いろいろな音楽を聞いて歌を唄えたのはもちろん、なにより、同じ故郷の方と久しぶりに顔を合わせることができて本当に楽しい一日だったわ
    関連記事

    [2013/10/24 13:56] | イベント
    トラックバック:(0) |
    コメント:
    この記事へのコメント:
    コメント:を投稿
    URL:

    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック:
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。