(旧『仮設住宅の日々』)東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県名取市。復興までの軌跡を被災した架空の一家『福幸(ふっこう)』さんちの生活とともに綴ります。
    こんにちは絆です

    6月3日にスマイル東北プロジェクトの花植え
    ボランティアに行ってきました

    スマイル東北プロジェクトは、3つの新聞社

    ・河北新報社
    ・岩手日報社
    ・福島民報社

    が中心となって2011年から実施している、「東北に笑顔を広げ、その
    笑顔を日本中に届けるというコンセプトのもと、被災地に笑顔を広げ、
    日本中に東北の元気を発信していく運動」です。

    これまで、閖上公民館跡地に直径50メートルのスマイルマークの形をした
    花壇を作ったり、被災地の「いま」を伝える取材活動を行ったり、「つながる、
    広がる!笑顔の輪!」キャラバンで仮設住宅を訪問し、花植えや手洗い教室を
    行う、といった活動をしてきたとのことです。

    そして今回は、閖上日和山花壇への花植えと、慰霊碑前に花のプランター
    を並べる活動でした!

    実は、日和山の花壇は2014年にスマイル東北プロジェクトが花王さんの協力を
    得て、作ったものなんです

    その後毎年、6月頃に花を植えてくれているんですねー


    (昨年までの記事はこちら)
    →2016年
    →2015年
    →2014年



    ではでは…

    今年の花植えの様子をご紹介


    01 スマイル東北


    まずは花と間違えないように注意しながら、雑草をとります。
    ちなみに細い葉っぱの大きな植物、これは雑草ではなく、花を咲かせる前の
    ラベンダーなんです

    近くに寄るととってもいいにおいがしました

    02 スマイル東北


    雑草をとったら、きれいに咲いた花を道路からよく見えるように並べて
    場所決めをして…

    06 スマイル東北

    一輪ずつ土を固めないように植えていきました


    花壇が完成した後は、慰霊碑前に並べるプランターに土を入れ…

    03 スマイル東北

    先生に教わりながら、花を植え…

    04 スマイル東北

    慰霊碑の前に、通路に見立ててプランターを並べました!

    05 スマイル東北


    今年もきれいに完成した花壇


    07 スマイル東北



    みなさんも是非見に行ってみてください




    [2017/06/06 16:48] | 地域
    トラックバック:(0) |