(旧『仮設住宅の日々』)東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県名取市。復興までの軌跡を被災した架空の一家『福幸(ふっこう)』さんちの生活とともに綴ります。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    こんにちは、進です

    先週の日曜日、
    第2回NATORIこどもかいぎに参加してきました

    このイベントは、夏にも第1回目が開催され、

    ボランティアとして参加していたうちの家内から話を聞いて、
    興味がわき、今回お手伝いとして参加しました。

    今回は、げんきキッズさんとの合同開催のイベントとのこと。

    まずは開会式みんな集まれ~
    開会



    開会式の後は、NPO法人 冒険あそび場 せんだい・みやぎネットワークさんによる創作遊び

    冒険あそび場さんは、あそびのなかで子どもが生きる力を育むことを目的としたNPO法人で、
    現在震災の為に休園中ですが、震災前は仙台市が開設した海岸公園冒険広場を指定管理者として運営していました。

    現在もさまざまな遊び場の提供を行っています。


    子どもたちは、木片で工作したり、
    工作


    大縄跳びをしたり、
    大縄


    ドッヂボールをしたりしていました。
    ドッヂボール


    会場には、冒険あそび場さんの「あそビークル」も登場!
    あそビークル


    昼食にはおいしいおくずかけを食べました。
    (おくずかけは、片栗粉でとろみをつけただし汁に、沢山の季節の野菜や豆麩などを入れて煮込んだ宮城県の郷土料理です。)
    お腹にもやさしくて、とても美味しかったです。
    おくずかけ①


    午後からは、リース作りと創作遊びに分かれて活動を行いました。

    子どもたちはとっても元気で、
    体力には自信のある私もへとへとです・・

    リース作りは大人の方が真剣・・・?
    リース作り


    あっというまに閉会となり、
    子どもたちのスッキリしたような笑顔が印象的でした

    閉会


    また来たい人という呼びかけに「はーい!」とみんな答えてくれました

    私も次の開催を楽しみにしています!


    ◆お知らせ◆
    今回のこどもかいぎでは、仙台放送の取材も行われました。
    『東日本大震災特別企画「ともに」』という番組で、12月14日午後1時30分~午後2時放送予定です。
    興味のある方は、ぜひご覧下さい。
    挨拶

    スポンサーサイト

    [2013/12/10 16:28] | こどもかいぎ
    トラックバック:(0) |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。