(旧『仮設住宅の日々』)東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県名取市。復興までの軌跡を被災した架空の一家『福幸(ふっこう)』さんちの生活とともに綴ります。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

     リニューアル第二弾は,福幸家の子・絆(きずな)くんからの体験記。

     みなさんどうも
     僕からは,先日神戸ルミナリエに行ってきたときのことをお伝えします

     僕たち,名取市で被災した小・中学生38名が12月10日~11日,元神戸市職員などでつくられた特定非営利活動法人「神戸の絆2005」から神戸ルミナリエに招待されました。
    ルミナリエ2

     テレビでしか見たことが無かった神戸ルミナリエは,間近で見るとほんとに綺麗だったそのほかにも,神戸市長田区の商店街の入口にある鉄人28号はすっごく大きくて大迫力!いつか名取にも復興してこんな街が出来るとうれしいな。
    鉄人28号

     宿泊したのは,神戸市の郊外にある「しあわせの村」という施設で,一輪車に乗ったりして遊んだりすることも出来たし,泊った日の夜はちょうど皆既月食があって,みんなでこっそり夜遅くまで夜空を眺めながらいろんな話をしてとても楽しく過ごしていたよ。

     参加したみんなからは「この二日間,いろんな人に出会い,たくさんのイベントに行くことが出来てとても楽しかったです」「鉄人28号とルミナリエが出来た理由を聞いて私たちもがんばろうと思いました」ってアンケートが寄せられていたそうです。ホントに楽しかったね

    ルミナリエ画像
    スポンサーサイト

    [2011/12/18 22:51] | トピックス
    トラックバック:(0) |

    残念・・・
    神戸のT
    せっかくお近くまで来られていたのに、お会いできなくて残念です。

    しあわせの村には行って、もう一人のSさんとはお会いしましたが・・

    春にはそちらにお邪魔したいな、と考えております。
    おいしいお魚で、そちらの地酒をまた飲みたいと思っていますので、良いお店を紹介してください。

    寒くなってきましたが、お体には十分お気をつけ下さいませ。

    コメント:を閉じる▲
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。