(旧『仮設住宅の日々』)東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県名取市。復興までの軌跡を被災した架空の一家『福幸(ふっこう)』さんちの生活とともに綴ります。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    希望(のぞみ)です

    もう9月なのにまだまだ暑さが続いていますね
    こまめな水分補給を心掛けて体調には気を付けましょう

    さて、今回プレハブ仮設住宅のお風呂に追い炊き機能の整備と物置の設置が行われていると聞いてのぞいてきました

    お風呂の追い炊き機能追加工事の様子
    追い炊き機能追加工事

    追い炊き機能追加工事2

    整備後のお風呂の様子
    追い炊き機能追加工事5

    追い炊き機能追加工事4
    これで冬のお風呂もあたたかいまま入れますね

    続いてこちらが設置した物置とのこと
    物置設置工事3

    物置設置工事4
    いっぱい入りそうですね

    まだ設置されていないところも随時始まるようなのでもう少しお待ちくださいね
    物置の鍵の引き渡しも、順次行っていくようですよ

    スポンサーサイト

    [2012/09/11 18:11] | 環境整備
    トラックバック:(0) |
     今日から11月
     東北では,朝晩の冷え込みが厳しくなり,冬を意識し始めるころです。

     そうした中,遅ればせながら名取市内の仮設住宅でも冬支度に着手し始めました
     外壁のさらに外側に断熱材を追加し,二重サッシを取り付けるなど結構大がかりな工事です。
    防寒対策

     仮設住宅の玄関は,開けるとすぐ隣が台所で,雪や風が吹き込むとあっという間に部屋が冷え切ってしまいますそれを解消するため風除室を増設するなど,さまざまな方策が取られています。
    KC3Z0006.jpg


     また,仮設住宅の備品としてこたつやホットカーペットなどの暖房器具が国費で用意出来るとの通達がされました。
     名取市では,火災予防の観点から石油ストーブの使用を控えるようお願いしているところですので,こうした暖房器具は必須アイテムとなるので,現在大急ぎで準備をしているところです

     しかしその一方,民賃に入居されている方や津波被害を受けた自宅にとどまって生活している方々への暖房器具の支給が現在のところ認められておらず,ここでも被災者支援に格差問題が出ています。

     さる10月31日(月),仙台で開催されました政府関係者と厚生労働省はじめ各省庁の担当者,被災県および被災自治体担当者の意見交換会の席上で,仙台市の担当者とともにこうした現状を強く訴えてきました。
     出席者の方々には,このブログに寄せられた皆さまのコメントこそ被災者の生の声だとも伝えてきましたので,どしどし声をお寄せください。


    《関連記事》
    被災地の仮設 迫る冬 石油ストーブ使用 温度差(2011年10月28日 東京新聞)
    焦点/仮設防寒、時間との戦い/宮城、ようやく追加工事(2011年10月20日 河北新報)
    政府、被災地方自治体らと寒さ対策や雇用問題など仮設住宅等生活支援について議論 宮城県(民主党HPニュース)

    [2011/11/01 21:52] | 環境整備
    トラックバック:(0) |

    仮設はお得!
    民賃 被災者
    仮設住宅は本当に優遇されていますね!
    民賃だからといって、りっぱな建物だけではありません。
    我が家は、結露と下からの寒さでチョット辛い。これから冬本番を迎えるのが怖いです。

    しかし、桜団地では炬燵にホットカーペットが各2つ配布されたり、美田園では炬燵かホットカーペット どちらかが選べたり、エアコンはもう1個つけてもらえるだの。
    仮設住宅だけが、被災者扱いなのですね!

    さらに、仮設は2戸3戸と借りている方がいて きっと広々と生活出来ているのでしょう。  狭い民賃被災者にっとては羨ましい限りです。

    少しで良いので、民賃にも支援をお願いします。
    支援しているのは各ボランティア団体とのことですが、民賃にもお願いします。

    No title
    福田栄吉
    ツイッターでとても興味深いリンクを見つけました。
    毎月11日に震災の犠牲者に皆で黙祷(?)を捧げると共に、被災地の人のこれからを祈る活動をしているそうです。
    そのお誘い文が素晴らしい♪ 以下です↓
    http://wp.me/P1t7rf-6w

    きっと、心があったかくなります。
    こういうあったかさも大事だと思いました!


    No title
    無名
    仮設はお得?民賃はお得ではないのですか?
    民賃の方々、2年間も家賃払って貰らえるのですよね?
    家を買った人たちは、支援も無く住宅ローンを払っているのですよ。
    仮設も民賃も、どちらも羨ましい限りですね。


    No title
    被災者
    家を買える金があるだけ幸せだろう!
    俺たちだって、金さえあれば買いたいよ。

    あなたは、家も買える しっかりとした自立者だよね。
    俺たちから見たら羨ましい限りですわ。


    とおりがかり。
    支援するほうは、きっと仮設・民賃・自宅・その他被災した皆に援助したいけど、結局わかりやすい仮設に物資を届けてくれるんだと思います。
    だから、仮設に届いた物資が余れば民賃他の人も分けてもらえてもいいはず。
    しかし、民賃の人が仮設に純粋にお友達を訪ねて遊びに行ったところ、周りのひとから「どうせ物資とりにきたんでしょ?」って吐き捨てるように言われたとか。まるで泥棒扱い。
    同じ閖上の被災者なのに。
    皆言ってますが、民賃の人は介護や職場や家族構成、ペットの関係などてやむなくアパートを探した人が多いんです。民賃に入るには不動産探しから役所での手続きなんか本当に面倒だったんです。アパートだからってそんなにいい環境とは言えない。しかも、丸二年で出なきゃならない。二年後どうするか、今から気が気じゃないんです。家賃出してもらえるのはありがたいけど、そこは無料な仮設と一緒。それ以上の援助は一切無い。
    自宅を購入した人が家賃タダなのを羨ましがるのは変だと思います。二年間は借り上げか仮設に住む権利があったんだから。
    ただ、民賃のひとも自宅のひとも仮設のひともみんなボランティアさんや行政の援助を同じように受ける権利はあると思います。
    仮設の人たちがもうちょっとわけあう気持ちをもってくれたら、うれしいな。
    民賃や自宅やその他のみんなはなんでもかんでもほしいんじゃない。必要なものをみんなに平等にわけあう「気持ち」をもてたら、また閖上は一つになれるんじやないかな?


    No title
    時の放浪者
    「とおりがかりさん」の意見に同意します。
    いい事を仰って下さってますね。

    確かに仮設と民賃、自宅住まいの方の間には、「支援格差」
    出ているのは事実ですね。
    そこの部分を、もう少し上手い具合に回せる「団体」が出来ると
    非常に有難いと思うのです。

    同じ被災した者同士で、「支援物資」の事で、いがみ合いたくはないですね。

    皆さん、忘れてしまったんですかね?あの日の辛さを。
    大変な思いをしながらも、助け合った事さえも。

    現実の問題
    部外者ですが
    なぜ仮設住宅ばかり?

    その1  社会に「支援してるよ」というPR効果が高い。

    その2  配布がしやすい。まとまっているから、ボランティアさんの協力のもと一斉配布しやすい。

    その3  一斉配布可能なので、保管場を確保する必要がない。保管中の事故の懸念もない。


    つまり、仮設住宅以外の被災された方に支援しようとすると、多数の人手が必要だし、告知方法も難しい。
    保管しておく倉庫も必要。保管中の事故のも心配だから、保険もかけなくちゃいけない など。問題多数。

    じゃあ、これを解決するには?
    これが解決できれば物資は集まると思いますよ。

    みなさん、支援をまってるばかりじゃなにも解決しないし、不公平感でストレスたまるばかり。
    みんなで知恵を出し合いましょう。








    民賃ですが
    ななしのごんべ
    >無名様

     我が家は民賃ですが、三者契約をしているにもかかわらず
    市(県)が不動産会社に支払いをしてくれないので、ずっと自分
    で家賃を払っていますよ。おまけに会社も被災して再建中ですが、
    8ヶ月経った現在も無収入です。そのためなけなしの貯金をはた
    いて生活しています。

     皆が皆、隣の芝生が青いと思っている。同じ被災者なのに
    本当にこうしていがみ合うのは悲しいですね…。

    No title
    三児の母
     少し前までは、このブログは心暖まる話や、ほのぼのとした状況を伝えて頂き、とても楽しく拝見してました。
    でも、最近のコメントはとても」悲しいです。仮設住宅×民賃×購入者・・・ それぞれ攻撃し合って残念でなりません。
    このブログを立ち上げた仮設住宅管理室のみなさんは、このような攻撃の場を設けるために立ち上げたのではないはずです。
    家やすべてを失った被災者同士が、励まし合い知恵を出し合って、少しでも早く復興してほしいと願っての事ではないでしょうか?
    この世の中に平等なんてあり得ますか? 被災する以前から不平
    等だらけですよ!!
    世間では゛過度な支援は復興を遅らせる"と言われています。
    震災からもう8か月経ちました。もうそろそろ支援を当てにしないで、前に進んでみませんか?

    家を購入した方、本当に素晴らしいと思います。私も子供達に、1日でも早く安定した生活を送らせたい・・・と無い知恵を絞って考えています。
    せっかく頂いた基礎支援金や、日赤さんやその他に頂いたありがたい義捐金が、底を尽く前に何とかしなくては・・・

    一人でも多くの被災者が、1日でも早く自立して、今まで応援してくださった全国の方々に、名取の復興した姿を見せようではありませんか!
    世界中の人々が注目してますよ!!

    みんな冷静になれ
    たこ
    みんな同じだよ、仮設だからとか部屋借りてるからとかそんなん歪み合ってどうするの?あたしは仮設に居るけど、支援物資貰えないよ。自治体の人自分たちだけで分けてて、足りなくなって貰えてない人いっぱいいるし、要領よくやってる人は、部屋も二つもらってる、家なんて七人で四畳半二間に住んでるんだよ、いっぱい言いたいことあるけど、子供も親も何も言わず頑張ってるからだから我慢してるの。みんなが贅沢してるわけじゃないんだよ。みんな冷静になって考え変えた方がいいよ。仕事行っても、金欲しいんだろう、家ないんだから働けよ寝てる暇無いくらいって。でもただで物貰って、金貰ってるから関係ないかって言った人がいるよ、悔しいけど
    まわりからはそんな目でみられてんだから、被災にあった人々が言いたいこと言って争うのはよくないよ。これから成長していく子供たちが、可哀想だよ。

    コメント:を閉じる▲
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。