(旧『仮設住宅の日々』)東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県名取市。復興までの軌跡を被災した架空の一家『福幸(ふっこう)』さんちの生活とともに綴ります。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    こんにちは希望です

    今回はサロン特集第4弾
    (サロン特集第3弾の記事はこちら

    柳生サロンの定例イベント「歌いましょう、遊びましょう」

    に行ってきました

    01 柳生サロン


    実はこのイベント、前々からずっと行ってみたかったんです


    なぜか。。。



    その理由は…




    このイベント、サロンの利用者さんたちが自主的に発足させ、運営して

    いるからなんです



    もともとは歌の講師を招いて歌の練習をするイベントに

    参加されていた利用者の方々。

    講師の方のスケジュール確保ができず、イベントの中止が決まったとき、

    「それなら自分たちで企画・運営すればいいじゃないか

    と立ち上がり、毎月1回のイベントを自ら企画し、毎回10名以上の

    方が集まって交流を深めているそうです


    そして、気になる今回の活動内容はというと。。。

    02 柳生サロン

    まずは、11月12~13日の「名取復興音楽祭」出場に

    向け、歌と踊りの練習です


    そしてお次は。。。


    03 柳生サロン


    昔懐かしの遊び「めんこ」を使い、2チームに別れ真剣勝負

    テーブルの端から、もう一方の端に向かってめんこを手のひらで飛ばします。

    先攻者がテーブルの端ギリギリにめんこを飛ばし、後攻者がさらに端ギリギリに

    めんこを飛ばすと…


    04 柳生サロン

    みなさん手を叩いて大盛り上がり


    そしてまだまだ続きます


    05 柳生サロン

    大きなトランプを使い、七並べ

    ルールは人数や時間に応じて、みんなで相談して決めます。

    たっぷりと頭の体操をした後は…

    06 柳生サロン

    名取復興音楽祭の打ち上げ企画の打ち合わせ

    07 柳生サロン


    集合場所の柳生サロンまでの乗り合わせ方法や、乗り合いバスの予約、

    料理の内容など、細かなところまで、どんどんと、テキパキと決めていきます


    たくさん歌い、遊び、相談した後は…

    IMG_1955.jpg


    利用者さんの持ち寄り料理によるランチパーティーの準備をします

    08 柳生サロン

    ここでもみなさん、あうんの呼吸で食卓の準備をされていました。



    今回、柳生サロンにお邪魔して感じたことを3つ。


    1 利用者さん同士の息がピッタリ


    2 利用者さんの間に、お互いの意見を認め合い、尊重する雰囲気があること


    そして何より。。。

    3 利用者さんの笑顔がステキなこと 




    仮設住宅から復興公営住宅や民間アパートに移り住まわれる方が増え、

    一度できた人と人とのつながりが薄れてしまうことを心配する声も聞かれます。


    そんな中、ここ柳生サロンでは、一人ひとりが主役として活躍し、お互いのことを

    大事に想い、つながり合う空気がありました。

    そしてサロンでできたつながりは、サロンの外でも大切にされているのだと

    感じました。

    09 柳生サロン


    とってもステキな笑顔のみなさま、どうもありがとうございました


    スポンサーサイト

    [2016/10/31 20:14] | 常設サロン
    トラックバック:(0) |
    こんにちは希望です

    今回はサロン特集第2弾

     →サロン特集第1弾はこちら

    7月29日(金)に、「美田園サロン3周年記念イベント」に行ってきました

    美田園サロンに到着すると、早速目を引いたのがこちら。

    みなさん、これが何だかわかりますか??

    01 美田園3周年

    そう、イベントのメインである、流しそうめんの台なんですね~

    サロンの一番奥から、玄関の外まで伸びるこの台…

    なんとサロンの利用者さんが愛島台の竹林で竹を切って運び、半分に割り、
    節を抜いて作ったものなんですって

    02 美田園3周年

    利用者さん自家製の流しそうめんの台は、サロンの支援員さんの手により、
    サロン奥のカウンターに設置され、台所からホースで水を引いて…

    玄関の外にまで伸びた終着点では、そうめんを受けるざるが設置されていました。

    そして、ここにも驚くべき工夫が。。。

    03 美田園3周年

    なんとバケツの底に穴をあけてホースを差し、水が玄関を濡らすことなく側溝まで流れる
    ようにしてあるんです

    街中の限られたスペースでも流しそうめんを楽しむため、様々なところに工夫がされていました


    イベントが始まるまで、子どもたちは七夕飾りに願いを込めます。。。

    04 美田園3周年


    そして、待ちに待った3周年記念イベントの開幕!!

    美田園サロン担当の支援員さんから、開会のあいさつ

    05 美田園3周年

    あいさつの言葉には、利用者さんに対する、

    3年間美田園サロンを支えてくれたことへの感謝、
    3周年記念イベント開催にあたって、たくさんの協力をいただいたことへの感謝

    が込められていました。


    文章にするとありきたりにも見えますが、支援員さんのあいさつを見守る
    利用者さんの優しいまなざしからは、支援員さんに対する感謝や信頼の
    想いを感じることができ、とても温かい空気に心が満たされるのが分かりました



    心が満たされたら、お次は…

    お腹を満たす番ですね

    07 美田園3周年

    こーんなにたくさんの人がそうめんを食べても…

    06 美田園3周年

    利用者さんの熟練の手さばきにより次々とそうめんは茹で上がります!

    子どもたちも…

    08 美田園3周年

    大人も…

    09 美田園3周年

    とってもいい笑顔ですね


    お腹がいっぱいになった後は…

    女性利用者さんはカラオケを楽しみ、

    11 美田園3周年

    男性利用者さんは流しそうめんの台の仕上がりについて議論します。

    10 美田園3周年

    「来年は竹の節をもっときれいに落としたほうがいいべや」

    とのこと。

    とても素晴らしい仕上がりに見えた流しそうめんの台も、まるで竹職人の利用者さんによれば、
    まだ改良の余地がある様子。。。

    飽くなく探究心に頭が下がります


    また来年が楽しみですね

    [2016/09/02 15:53] | 常設サロン
    トラックバック:(0) |
    こんにちは希望です

    今回は、「サロン特集」と題して、市内4か所に設置されたサロンをご紹介する企画の第1弾

    サロンについてはこちら

    館腰サロンをご紹介します

    ①サロン外観
                            (サロン外観)

    館腰公民館の通りを挟んで向かい側に位置する館腰サロン。
    外観はシンプルですが、サロンの中はこーんな賑やか
    ②壁飾り

    割りばしやストローを材料として作られた壁飾りや、

    ③桜

    サロンに集う方に1年中桜の花を見てほしいとの想いから作られたこちらの作品や、

    ④いろんな作品

    その他にも色とりどりの作品の数々…


    なんとこちら、ぜーんぶサロン利用者さんの手作りなんですって


    そしてサロンでのお茶のみに参加し、利用者さんとお話しさせていただくと…
    ⑤渋谷さん

    こちらの男性、サロンの利用者さんであるとともに、割りばし細工をつくる
    サロン開催イベントの講師も務められているとのこと。

    そしてそして現在作成中の作品があるとのことで見せていただきました

    それが…な、な、なんと
    ⑥子どもの家1

    こちらの大がかりな作品
    子どもたちに遊んでもらうための「家」だそうです

    材料は段ボールと木材のみと、いたってシンプルながら、
    ⑧子どもの家3

    木材を加工して組み合わせて、頑丈な柱をつくり、子どもたちがケガをしないよう、
    その柱を段ボールで包むなど、細かな部分まで配慮されていました(感動)

    ⑦子どもの家2

    現在は屋根を作成中とのこと。完成も間近かしら…
    ⑨子どもの家4

    完成の際には「新築おひろめ会」が予定されているとのこと

    この夏休みは、たくさんの子どもたちが遊びにきて、サロンがより一層賑やかになりそうですね


    そして、サロンの外には…
    ⑩花壇1

    ⑪花壇2

    最近、利用者さんたちが協力して作った「ふれあい花だん」がありました。
    きれいにならんだコスモス(まだ花は咲いていません)や、小さな実をつけた
    ピーマンが植えられていました。
    これからの生長が楽しみですね


    今回、館腰サロンにお邪魔して感じたこと。

    それは、サロンはただ人が集う場所ではなく、利用者さん一人ひとりが、
    他の利用者さんのため、地域の子どもたちのために、自分ができることを
    しようという想いによりつくられた、優しさにあふれる空間だということ


    次のサロンに行くのがとっても楽しみです


    [2016/07/07 16:14] | 常設サロン
    トラックバック:(0) |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。