(旧『仮設住宅の日々』)東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県名取市。復興までの軌跡を被災した架空の一家『福幸(ふっこう)』さんちの生活とともに綴ります。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    東日本大震災から6年が経った3月11日、市内で各種追悼行事が
    行われました。


    01 追悼行事
                                   (東日本大震災名取市追悼式)

    名取市文化会館においては、東日本大震災名取市追悼式が
    執り行われました。

    02 追悼行事


    愛島東部仮設住宅においては、兵庫県からの支援を受けて、
    竹灯籠イベントが開催されました。

    03 追悼行事

    「ユリアゲ♡3.11」のメッセージを描くように並べられた竹灯籠に火が灯されました。



    04 追悼行事

    閖上慰霊碑近く、「閖上の記憶」前においては、慰霊の想いが込められた
    ハトを模した風船が飛ばされました。




    名取市役所庁舎と名取市文化会館の周辺では、絵灯篭と電子絵灯篭合わせて
    8,000基に灯りがともされ、幻想的な雰囲気が創出されました。

    07 追悼行事

    08 追悼行事

    09 追悼行事
    スポンサーサイト

    [2017/03/24 17:15] | 未分類
    トラックバック:(0) |
    こんにちは進です
    去る1月12日(木)、ベガルタ仙台が閖上地区に訪問したのでそのときの様子を紹介します。


    東日本大震災後、ベガルタ仙台はチームの始動日に合わせて被災地を訪問し、
    被災地の現状を確かめるとともに、復興への思いを新たにチームの活動をスタートしています。


    当日は、監督・選手・スタッフなどを含めた約50名が名取市東日本大震災慰霊碑や日和山を訪れ、まず最初に、渡邉晋監督と選手代表の蜂須賀孝治選手が慰霊碑に献花を行い犠牲者への鎮魂と復興への祈りを捧げていました。



    ベガルタ訪問①




    その後、津波の被害をうけたかまぼこ工場と日和山に足を運び当時の様子や復興事業について説明を受けていました。
    選手の皆さんは神妙な面持ちで復興の状況について話を聞き、復興事業が進む閖上のまちを眺めていました。



    ベガルタ訪問②



    最後に、閖上にある仮設グラウンドに赴き「復興のシンボルとして闘い続ける」という覚悟を新たに、監督一同は閖上の地を後にしました。


    ベガルタ訪問③

    ベガルタ訪問④



    被災地の希望として、多くの勝利を届けて欲しいですね
    今シーズンの活躍を期待しています!



    また、この訪問の際にベガルタ仙台から名取市へ監督と選手のサインが書かれたフラッグが贈呈されました。
    このフラッグは名取市役所のロビーに展示されていますのでぜひご覧ください。


    ベガルタ訪問⑤


    [2017/02/01 13:41] | 未分類
    トラックバック:(0) |
    こんにちは希望です

    美田園北集会所の落成式と、その後のイベントの様子についてお伝えします

    02 美田園北シリーズ
                                       (美田園北集会所)

    2016年11月13日(日)に美田園北集会所の落成式があり、
    たくさんの住民さんが参加されました。

    03 美田園北シリーズ
                                       (落成式の様子)

    落成式が終わると、防災鍋を使って芋煮が作られ…

    04 美田園北シリーズ

    住民さん同士が交流を深める様子が見られました

    05 美田園北シリーズ






    11月20日(日)には、富山県砺波市からいただいたチューリップの球根を
    住民さんが美田園北集会所の花壇に植えました。

    07 美田園北シリーズ

    今年の5月頃に花を咲かせるそうですよ





    12月12日(月)にはベガルタ仙台さんとバイタルケアさんによる体操教室が
    開催され、20名を超える住民さんの参加がありました

    08 美田園北シリーズ



    2月にはサポートセンターどっと.なとりによる移動サロンとして、

    13日11時からはプロの音楽家2人による演奏会が予定されているほか、

    22日10時からはクノンボール体操が予定されております。


    また、保健センター主催で、

    20日  10:00~13:00 男性料理教室、
         10:00~11:30 まちの保健室(健康相談)、
    27日  10:00~13:00 女性料理教室

    が実施されます。

    2月中旬に美田園北集会所にポスターが掲示される予定とのこと
    なので、ご確認ください。



    3月以降も様々なイベントが開催される予定です

    お時間の都合がつく方は是非参加されてみてはいかがでしょうか


    [2017/01/26 17:16] | 未分類
    トラックバック:(0) |
    こんにちは、絆です
    12月10日(土)に下増田公民館で行われた「名取げんきっ子」に参加してきました!


    今回は「名取げんきっ子商店街」と称した架空の商店街で、いろんなお店屋さんに扮して職業体験をやってきたよ

    午前中はそれぞれのお店で商品作りをしてお給料を稼いで、午後はそのお給料を使ってお買い物が出来るんだって!


    職業体験ができたお店は4つ
    「アクセサリー屋さん」、「おもちゃ屋さん」、「写真屋さん」に「喫茶店」!


    アクセサリー屋さんとおもちゃ屋さんでは、それぞれブレスレットやゴムてっぽうなどの商品作り!

    DSC_0416.jpg



    写真屋さんはカメラマンになりきって写真撮影!

    DSC_0447.jpg



    喫茶店では、かわいいカップケーキ作りや飲み物を用意したよ

    DSC_0444.jpg



    この間、保護者の皆さんは宮城県食育コーディネーターさんによる「食の見直し料理教室」に参加していました!
    おにぎらずに天然おだしのお味噌汁、そしてデザートには米粉のプリン
    栄養満点で簡単に作れるレシピを学んでいたよ

    芋煮⑥




    午後には、商品作りで貰ったお給料を使っての買い物タイム!
    僕もみんなが作った商品を、お給料が許す限りたくさん買っちゃった

    DSC_0547.jpg




    今回の「名取げんきっ子」でとても良かったと感じたことは、地域の人たちがお店の店長として参加して商品作りを教えていたこと!
    普段はなかなか接点の無い人と「名取げんきっ子」を通して地域や世代間の交流が自然と図れてすごく充実した時間だったな~
    そして、楽しく遊びながら働くことやお金の大切さを学べたのもいい経験でした!来年もまたぜひ参加したいな




    今年度、3回開催された「名取げんきっ子」もこれで今年度は終了なんだって

    どの回もたくさんの方々が参加していて大盛況でした
    どれもいい思い出だな~

    来年度も楽しいイベントが盛りだくさんみたいだから、みんなぜひ参加してね~

    DSC_0568.jpg


    [2016/12/27 13:26] | 未分類
    トラックバック:(0) |
    こんにちは進です

    7月にこのブログでお伝えしていた美田園第2プレハブ仮設住宅の解体が
    完了したと聞き、早速現場を見に行ってまいりました。

    →解体途中のブログ記事はこちら

    01 美田2解体完了

    聞いていたとおり、既に建物は全て解体され、防塵ネットも取り外されている
    状態でした。

    03 美田2解体完了

    敷地内では、ブルドーザーが解体工事最後の仕上げとして、地面をならす
    作業を行っていました。

    敷地の端から反対側の端へ、徐々に地面がきれいに整備されていくのを
    見ていると、まるで砂時計を見つめているような気分にとらわれました。

    津波により住家を失い、プレハブ仮設住宅での生活を余儀なくされた
    方々が、生活の再建に向けて、お互いに支えあい、助け合いながら、
    5年余りの間生活を営まれていた場所。

    ブルドーザーが反対側の端へ到達するとき、まるで砂時計の砂の最後の
    1粒が落ちるように、この場所は「人々の生活の場」であった時を終え、
    ただの更地に戻ってしまうような気がして、少し悲しい気分になっていました。

    02 美田2解体完了



    と、そのとき…



    進さーん

    と、私を呼ぶ声。

    振り返ると、そこには現場代理人の佐藤さんの姿が

    久しぶりにお会いできたので、しばらくの間、お話をさせていただきました。


    私がそれまでに感じていたことをお話しすると、

    「私はモノづくりがしたくてこの仕事に就きました。ですのでただ壊すだけ
     という工事に、最初は少しの違和感もありましたが、プレハブ仮設住宅が
     解体されるということは、復興が一歩進むということ。その工事に関わる
     ことで復興の一助を担えるなら、これも有意義な仕事の一つだと、今は
     そう思っています」

    と、佐藤さん。


    なるほど、確かに仮設住宅の解体は、そこに住んでいた方々が生活を
    再建できたという証なんですね


    久しぶりにお会いできた佐藤さんと、ブルドーザーを運転されていた
    作業員の方も一緒に写真をとらせていただきました

    05 美田2解体完了

    お忙しい中、ありがとうございました




    数日後、美田園第2プレハブ仮設住宅があった場所は、工事関係の
    事務所や車両も含め、全てが撤去され、まっさらな更地になっていました。

    07 美田2解体完了

    今年の6月3日から9月16日にかけて、1日に最大25名程度、のべ千人を
    超える作業員の方々が、この解体工事に従事されたそうです。

    たくさんの方々の手により、復興は一歩一歩、着実に進んでいます。




    もうしばらくすると、美田園第3プレハブ仮設住宅の解体も始まるそうです。

    08 美田2解体完了
                                (美田園第3プレハブ仮設住宅)



    今度は、復興公営住宅の建設や小中一貫校の建設準備が行われている閖上地区にも
    足を運んでみたいと思います。


    [2016/09/27 13:31] | 未分類
    トラックバック:(0) |

    災害公営住宅
    閖上四丁目
    閖上1区の入居時期の遅れは1世帯の立ち退きしないのが原因ですか?
    もう6年。当選し入居が延期延期⁉️
    名取市長は実態把握してますか⁉️

    Re: 災害公営住宅
    福幸(ふっこう)さんち
    いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
    閖上地区における復興事業につきましては、家屋移転を含め、皆様の全面的なご協力のもと、宅地や復興公営住宅の整備をすすめているところでございますが、様々な要因により進捗が遅れ、ご迷惑をおかけしておりますこと、お詫び申し上げます。
    市長以下、現状を真摯に受け止め、一丸となって復興事業にまい進しておりますのでご理解のほどよろしくお願いいたします。


    コメント:を閉じる▲
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。