(旧『仮設住宅の日々』)東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県名取市。復興までの軌跡を被災した架空の一家『福幸(ふっこう)』さんちの生活とともに綴ります。
    こんにちは絆です

    6月3日にスマイル東北プロジェクトの花植え
    ボランティアに行ってきました

    スマイル東北プロジェクトは、3つの新聞社

    ・河北新報社
    ・岩手日報社
    ・福島民報社

    が中心となって2011年から実施している、「東北に笑顔を広げ、その
    笑顔を日本中に届けるというコンセプトのもと、被災地に笑顔を広げ、
    日本中に東北の元気を発信していく運動」です。

    これまで、閖上公民館跡地に直径50メートルのスマイルマークの形をした
    花壇を作ったり、被災地の「いま」を伝える取材活動を行ったり、「つながる、
    広がる!笑顔の輪!」キャラバンで仮設住宅を訪問し、花植えや手洗い教室を
    行う、といった活動をしてきたとのことです。

    そして今回は、閖上日和山花壇への花植えと、慰霊碑前に花のプランター
    を並べる活動でした!

    実は、日和山の花壇は2014年にスマイル東北プロジェクトが花王さんの協力を
    得て、作ったものなんです

    その後毎年、6月頃に花を植えてくれているんですねー


    (昨年までの記事はこちら)
    →2016年
    →2015年
    →2014年



    ではでは…

    今年の花植えの様子をご紹介


    01 スマイル東北


    まずは花と間違えないように注意しながら、雑草をとります。
    ちなみに細い葉っぱの大きな植物、これは雑草ではなく、花を咲かせる前の
    ラベンダーなんです

    近くに寄るととってもいいにおいがしました

    02 スマイル東北


    雑草をとったら、きれいに咲いた花を道路からよく見えるように並べて
    場所決めをして…

    06 スマイル東北

    一輪ずつ土を固めないように植えていきました


    花壇が完成した後は、慰霊碑前に並べるプランターに土を入れ…

    03 スマイル東北

    先生に教わりながら、花を植え…

    04 スマイル東北

    慰霊碑の前に、通路に見立ててプランターを並べました!

    05 スマイル東北


    今年もきれいに完成した花壇


    07 スマイル東北



    みなさんも是非見に行ってみてください




    [2017/06/06 16:48] | 地域
    トラックバック:(0) |
    こんにちは進です

    5月下旬から6月初旬にかけて、閖上地区と高柳地区に新たに
    復興公営住宅が完成しましたので、取材してきました。


    ①閖上2-1期・2-2期地区戸建復興公営住宅完成見学会(5月23日)

    01 閖上2期完成見学会

    閖上五差路の交差点から日和山に向かう途中、土地のかさ上げをした
    エリアを走る道路の右手側に、47戸の戸建復興公営住宅が建設され、
    完成見学会が開催されました。


    02 閖上2期完成見学会




    ②閖上2-1期・2-2期地区戸建復興公営住宅鍵引渡式(5月29日)

    03 閖上2期鍵引渡

    29日には文化会館において鍵引渡式が執り行われ、

    04 閖上2期鍵引渡

    入居者代表の方が鍵のモチーフを受け取り、当日から入居が開始されました。





    ③高柳地区集合復興公営住宅鍵引渡し式(6月1日)

    05 高柳鍵引渡

    高柳地区にいおいても、集合復興公営住宅50戸が完成し、
    5月27日の完成見学会を経て、6月1日に鍵引渡し式が集合復興
    公営住宅の敷地内において執り行われました。

    06 高柳鍵引渡

    当日はあいにくの雨でしたが、入居者の多くが出席し、入居者代表の方が
    鍵のモチーフを受け取るのを見守りました。

    代表の方からは、

    「新しく始まる生活に不安もあるが、高柳町内会から、集合復興公営住宅の
    住民も迎え入れてくれるとお話があったので、ともに協力していきたい」

    とあいさつがありました。



    鍵引渡し式の後、地域交流植栽会「花いっぱいになぁれ」が開催され、
    入居者は高柳町内会から受け取った地元の土に花を植えました。

    07 高柳鍵引渡

    このとき植えられた花は株分けが可能で、今後入居者の手により、
    少しずつ増やしていくことができる
    品種とのことです

    いつか住宅が花に囲まれる日がくることを願っております




    ところで…

    この高柳地区集合復興公営住宅には様々な工夫が凝らされているとのこと。

    ・近隣住宅への日照を遮らず、かつ入居者が蔵王の山を見渡せる角度で
     建設されたこと

    ・1階には入居者の交流スペースとして談話コーナーが設けられたこと

    ・入居者が散歩できるよう、外周300メートルの「コミュニティリング」が
     設けられたこと

    ・バリアフリーとなっていること

    ・敷地内に遊具が設置されたこと

                               などなど…

    08 高柳鍵引渡


    また、災害時への備えとして、マンホールはついたての設置によりトイレとして
    使用できるほか、


    一見すると何のへんてつもないこちらのベンチにも、ある工夫が凝らされているんです。

    ブログをご覧のみなさまはお分かりになりますか

    09 高柳鍵引渡








    なんとこのベンチ…





    その名も…





    「かまどベンチ」


    10 高柳鍵引渡


    下から覗くと、ベンチの裏側は“ゴトク”のようになっており、レンガ造りの
    ベンチ土台部分で火をたき、調理ができるようになっているそうです


    市の担当者は、

    「こうした設備は使わないにこしたことはないものではあるが、
     いざというときにはしっかり使いこなせるよう、防災訓練などで
     実際に使用することが大切。豚汁などを入居者の方々で作って、
     訓練と同時にコミュニティ形成にも役立ててもらえるとうれしい」

    と語りました。





    7月中旬には閖上地区に140戸の集合住宅が完成予定です。

    また、そちらの様子も取材したいと思います。



    [2017/06/06 15:11] | 復興公営住宅
    トラックバック:(0) |
    こんにちは希望です

    時はさかのぼり、昨年11月のことです。

    富山県砺波市職員の方々と、緑の財団の職員の方々が、
    はるばる名取まで来ていただき、プレハブ仮設住宅の住民さんや、
    美田園北地区にお住いの住民の方々、名取市職員の方々とともに
    チューリップの球根を植えてくださいました


    01 チューリップ


    富山県砺波市は日本でもトップクラスのチューリップの産地とのことで、
    震災のあった平成23年度から毎年、砺波市職員さんと緑の財団の
    職員さんが、たくさんの球根を名取市まで届け、名取市の住民さんや
    名取市職員の方々に植え方を教えつつ、球根を植える支援を行って
    いただいているんです



    市内の仮設住宅には、色々な種類のチューリップの球根が12個ずつ植えられた
    プランターが運ばれたほか、

    02 チューリップ


    美田園北地区では、地域の住民さんも加わって、集会所の花壇に球根が
    植えられました


    03 チューリップ

    04 チューリップ




    そして月日は流れ・・・



    今年の4月、色とりどりのチューリップが、満開の花を咲かせていました





    05 チューリップ

    06 チューリップ

    07 チューリップ

    08 チューリップ


    さいた、さいた、チューリップの花が、
    ならんだ、ならんだ、あかしろきいろ


    色とりどりの本当にきれいなチューリップを目の前に、
    思わずメロディーを口ずさんでしまいます



    富山県砺波市の職員の方々、緑の財団の職員の方々、本当にありがとうございます




    [2017/04/28 17:11] | 支援
    トラックバック:(0) |
    東日本大震災から6年が経った3月11日、市内で各種追悼行事が
    行われました。


    01 追悼行事
                                   (東日本大震災名取市追悼式)

    名取市文化会館においては、東日本大震災名取市追悼式が
    執り行われました。

    02 追悼行事


    愛島東部仮設住宅においては、兵庫県からの支援を受けて、
    竹灯籠イベントが開催されました。

    03 追悼行事

    「ユリアゲ♡3.11」のメッセージを描くように並べられた竹灯籠に火が灯されました。



    04 追悼行事

    閖上慰霊碑近く、「閖上の記憶」前においては、慰霊の想いが込められた
    ハトを模した風船が飛ばされました。




    名取市役所庁舎と名取市文化会館の周辺では、絵灯篭と電子絵灯篭合わせて
    8,000基に灯りがともされ、幻想的な雰囲気が創出されました。

    07 追悼行事

    08 追悼行事

    09 追悼行事

    [2017/03/24 17:15] | 未分類
    トラックバック:(0) |
    こんにちは希望です

    今回は第1回閖上会に行ってきました。

    01 閖上会


    閖上会は、被災者支援サロンを運営する「名取市サポートセンターどっと.なとり」が、

    仮設閖上公民館における初めての移動サロンとして実施したものだそうです

    →被災者支援サロンについてはこちら





    02 閖上会


    続々と集まる参加者の方々…


    どのくらいの方々が集まったのでしょうか。。。

    公民館の中に入ってみると。。。


    なっ、なんとっ




    03 閖上会


    玄関には、あふれんばかりの靴の数々…


    さっそくお茶っこ会場に入ってみると、


    04 閖上会


    あちこちでみなさんの笑顔があふれていました

    参加者の中には、震災後初めての再会をはたした方もいらしたとか




    お茶っこの後は、館腰ボランティアの方々による、「閖上の昔の話」


    07 閖上会


    「閖上」という地名の由来をはじめとする、閖上地区にまつわるお話を3つ、

    アドリブを交えた軽快な語り口調で会場を盛り上げてくださいました




    その頃…

    調理場所では、サロン料理教室講師の方により、「せり鍋」

    準備が進められていました。


    08 閖上会


    参加者のみなさまも配膳に加わり、せり鍋とお茶で乾杯


    09 閖上会



    最後に、みんなで「閖上大漁節」を合唱して会を終えました。

    11 閖上会


    大盛況に終わった「閖上会」

    次回は3月16日(木)の10時から、閖上公民館にて開催される予定とのことです。


    お問い合わせはどっと.なとり美田園サロンまで、よろしくお願いします



    連絡先:どっと.なとり美田園サロン
    電  話:090-7337-1539




    [2017/02/17 14:43] | 移動サロン
    トラックバック:(0) |